ニュース&レポート

極道が性転換&全身整形でまさかのアイドルデビュー!『Back Street Girls』が実写映画化

Back Street Girls -ゴクドルズ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
週刊「ヤングマガジン」で連載、極道を貫いてきた男たちが、性転換&全身整形でまさかのアイドルデビューし悪戦苦闘する姿を描いた、ジャスミン・ギュによる漫画「Back Street Girls」が、『Back Street Girls -ゴクドルズ-』として実写映画化。2019年2月8日(金)より公開されることが決まった。
『Back Street Girls -ゴクドルズ-』『Back Street Girls -ゴクドルズ-』『Back Street Girls -ゴクドルズ-』

犬金組の若きヤクザ三人組、山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦の三人は、イケイケの組の中でも、特に活きの良い三人組だ。社会のつまはじきものだった彼らは、自分たちを拾ってくれた組に強い恩義を感じ、【男として】【男らしく】【組の為に働く】ことを心に誓った!しかし、とある事件で不始末を起こした三人は、犬金組の組長の思い付きで、タイで性転換&全身整形をさせられてしまう!そして組長は三人に「今日からお前らはアイドルだ!芸能界でのし上がって、バッチリ金稼いでこい!」と告げられるのだった……!

確かに見た目は、とってもキュートな女の子になってしまったものの、中身はゴリゴリのヤクザのまま…とてつもない葛藤が彼らを襲う!果たして三人は【女として】【可愛く】【組の為に働く】ことが出来るのだろうか!?…誰も見たことのない「ヤクザでありながらアイドル」という葛藤を描く、前代未聞のアイドル伝説が幕を開ける!!

映画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』は、2015年より「ヤングマガジン」で連載が始まるや、その斬新過ぎる設定から口コミで拡散しネットを中心に現在話題沸騰中の漫画「Back Street Girls」(講談社「ヤンマガKC」刊)の実写映画化作品。

極道を貫いてきた男たちが、まさかの全身整形アイドルデビュー。しかも、思いもよらず人気急上昇。段々とアイドルとしての自分に目覚めながらも…極道である本来の自分と女心の間に揺れながら、そして葛藤しながら、アイドルとして生きていく男たちをコミカルに描いた物語。

『ビー・バップ・ハイスクール』をはじめ、数々の名作ヤンキー漫画で名を馳せるヤンマガと、仁侠映画の横綱東映がガッチリタッグを組んだ本作。出演は、白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜、菅谷哲也、浅川梨奈、小沢仁志、桜田通、大杉漣(友情出演)、岩城滉一らが決定している。監督は、『私の人生なのに』の原桂之介。

2018年11月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加