ニュース&レポート

ティモシー・シャラメ×スティーヴ・カレル 『ビューティフル・ボーイ』インタビュー&メイキング映像解禁

ビューティフル・ボーイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『君の名前で僕を呼んで』の繊細な演技で世界中を魅了したティモシー・シャラメの出演作『ビューティフル・ボーイ』(4/12公開)より出演者やスタッフが見どころを語るインタビュー&メイキング映像が解禁された。
ティモシー・シャラメ×スティーヴ・カレル 『ビューティフル・ボーイ』インタビュー&メイキング映像解禁

映画『ビューティフル・ボーイ』は、8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、今やNetflix「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。音楽ジャーナリストの父親デヴィッドと、息子ニックがそれぞれの視点から描いた2冊のベストセラー回顧録が原作。製作は『ムーンライト』を世に送り出したブラッド・ピット率いるプランB エンターテインメント。

公開された映像は、本編映像とインタビュー、メイキングが組み合わされた構成。ブラッド・ピットが率いるプランBの製作のジェレミー・クライナーが「2冊の回顧録が元になっている」と映画の成り立ちを説明し、脚本のルーク・デイヴィスは「両方をあわせることにより、心を揺さぶられる物語を書けると思った」と回想する。

原作者であり、モデルとなったデヴィッド・シェフとニック・シェフのコメントに加えて、ドラッグに堕ちていく息子ニックを巧みに演じたティモシー・シャラメが「今の時代にこそ伝えるべきだと思う」と語る。苦悩を滲ませながらも息子を信じ続ける父親デヴィッド役を熱演したスティーヴ・カレルも「家族や親子の絆を描いている」と本作の特徴とドラッグの脅威を語っている。

他にも製作のデデ・ガードナーが、ニックが美しい自然に囲まれて育ったことを表現するためにサーフィンや山のシーンが重要だったと語り、衣装エマ・ポッターがデヴィッドとニックから借りた写真を参考にして衣装を決めていったことを、当人たちの写真とあわせて紹介するなど製作秘話も披露。また、本作が初の英語作品となる監督・脚本をつとめたフェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲンがスティーヴ・カレルやティモシー・シャラメに演出をつけているシーンや、マリン郡の海岸やゴールデン・ゲートブリッジでの撮影の裏側が垣間見れるメイキング映像も収められている。

2019年4月11日
『ビューティフル・ボーイ』
2019年4月12日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開
公式サイト:http://beautifulboy-movie.jp