ニュース&レポート

カンヌ国際映画祭2冠 ホアキン・フェニックス主演×リン・ラムジー監督『ビューティフル・デ イ』6月公開決定!予告編解禁

ビューティフル・デ イ

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ホアキン・フェニックスと、『少年は残酷な弓を射る』のリン・ラムジー監督がタッグを組み、第70回カンヌ国際映画祭で男優賞・脚本賞のW受賞を果たした映画『ビューティフル・デ イ』の公開日が6月1日(金)に決定し、ポスターと予告編が解禁された。
カンヌ国際映画祭2冠 ホアキン・フェニックス主演×リン・ラムジー監督『ビューティフル・デ イ』6月公開決定!予告編解禁
元軍人のジョーは行方不明の捜索を請け負うスペシャリスト。ある時、彼の元に舞い込んできた依頼はいつもと何かが違っていた。依頼主は州上院議員。愛用のハンマーを使い、ある組織に囚われた議員の娘・ニーナを救い出すが、彼女はあらゆる感情が欠落しているかのように無反応なままだ。そして二人はニュースで、依頼主である父親が飛び降り自殺したことを知る──。

アカデミー賞に3度ノミネートされた確かな演技力の持ち主であり、ポール・トーマス・アンダーソン、スパイク・ジョーンズ、ウディ・アレンらとのタッグで類い希な個性を発揮してきたホアキン・フェニックスと、『モーヴァン』『少年は残酷な弓を射る』のリン・ラムジー監督がタッグを組んだ本作は、元軍人で殺しも厭わない冷徹な人捜しのプロの男と、天使のように愛らしくも心の壊れた少女を軸に描いたクライム・サスペンス。ニューヨーク出身の作家ジョナサン・エイムズの犯罪小説「You Were Never Really Here」を映画化した作品で、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にてワールドプレミア上映されるや絶賛を博し、ホアキン・フェニックスが男優賞、リン・ラムジー監督が脚本賞を受賞するという2冠の快挙を達成した。

解禁された予告編では、政治家から行方不明の娘ニーナ(エカテリーナ・サムソノフ)の救出を依頼されたジョー(ホアキン・フェニックス)が、不気味な笑みを浮かべ、ハンマ ー1本でニーナを救出していく様子が映し出される。売春組織から助け出されたニーナだが、どこか虚ろな目をしていて心ここにあらずといった様子。やがて謎の襲撃者にニーナをさらわれてしまい、さらなる非情な事態に陥っていくジョー。裏社会でめぐり合った孤独な男と少女は、この後どのような運命を辿るのか。また、今や映画業界から引っ張りだこのジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)による緊迫感あふれる楽曲にも注目だ。



『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』『ビューティフル・デ イ』


『ビューティフル・デイ』
出演:ホアキン・フェニックス(『her/世界でひとつの彼女』)ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ、ジョン・ドーマン、 アレックス・マネット、アレッサンドロ・ニヴォラ(『ココ・アヴァン・シャネル』)
監督・脚本:リン・ラムジー(『少年は残酷な弓を射る』『モーヴァン』)
音楽:ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)
原作:ジョナサン・エイムズ「You Were Never Really Here」
2017 年/イギリス/英語/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/90分/PG-12
配給:クロックワークス
Copyright (C) Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. (C) Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

6月1日(金) 新宿バルト9 ほか 全国ロードショー
2018年3月23日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ビューティフル・デイ』
2018年6月1日(金) 新宿バルト9 ほか 全国ロードショー
公式サイト:http://beautifulday-movie.com/