ニュース&レポート

映画『BECK』から、豪華ラインナップのインスパイアード・アルバムが誕生

BECK (ベック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ハロルド作石による大ヒットコミックを、水嶋ヒロ、佐藤健ら主演で映画化した、この秋最大の注目作『BECK』の、音楽の世界観を表現した最強のロック・コンピ「BECK the movie~OFFICIAL INSPIRED BY...」 が発売されることになった。
画像:映画『BECK』から、豪華ラインナップのインスパイアード・アルバムが誕生

映画『BECK(ベック)』は、水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理ら、今、最も旬なキャストを迎え、「音楽」という絆で結ばれた仲間の成長と友情を描いた青春ストーリー。「音楽」「ROCK」を根幹に展開するストーリーに加え、レッド・ホット・チリ・ペッパーズによるオープニング、オアシスによるエンディングなど、2大ロック・アーティストの楽曲が使用されることでも話題となっている。

そんな本作の世界観を表現すべく発売されるインスパイアード・アルバム「BECK the movie~OFFICIAL INSPIRED BY...」には、オアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」はもちろん、ビートルズの名曲をカバーした「アイ・アム・ザ・ウォルラス(LIVE)」がボーナストラックとして収められるほか、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの「ゲリラ・ラジオ」、オフスプリングの名曲「カム・アウト・アンド・プレイ」、ザ・クラッシュの「アイ・フォート・ザ・ロウ」。さらに、原作コミックにもバーの名前として登場し、映画の中でも挿入歌として使用される、ブラック・クロウズの「レメディ」など、ロックの名曲が次々に登場する。

また、許諾が困難な、ロック史に燦然と輝くビッグ・アーティスト達の収録も今回OKとなり、ボブ・ディランの「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」、そして、今年で40周忌を迎えるジャニス・ジョプリンの「ジャニスの祈り」やジミ・ヘンドリックスの「ウォッチ・タワー」なども収録される予定。

原作者のハロルド作石は、このアルバムの発売に向けて、「皆さんはこのアルバムを聴いて、また、これを足掛かりに色々なアーティストと出逢った時にどのように感じるでしょうか。僕自身はロックとは”真実へのアプローチ“ではないかと思っています」とコメントを寄せている。

収録予定曲は、以下のとおり
1:OASIS / Don't Look Back In Anger
2:Rage Against The Machine / Guerrilla Radio
3:The Offspring / Come Out and Play
4:The Clash / I Fought The Law
5:The Black Crowes / Remedy
6:Alice In Chains/ Man In The Box
7:Travis / Why Does It Always Rain On Me
8:Manic Street Preachers / Motorcycle Emptiness
9:Lauryn Hill Doo Wop (That Thing)
10:Bob Dylan / Subterranean Homesick Blues
11:Kula Shaker / Hush
12:Fiona Apple / Criminal
13:Jimi Hendrix / All Along The Watch Tower
14:Janis Joplin / Move Over
15:Jeff Buckley / Hallelujah
16:OASIS /I Am The Walrus(Live) <Bonus Track>

「BECK the movie~OFFICIAL INSPIRED BY...」 をAmazonで購入する

映画の中でも印象的に使われている、「世の中には、奇跡としかいいようのない出会いでできてるバンドがある」というフレーズ。まさに、そんな奇跡のバンド、奇跡のアーティスト、奇跡の名曲を集めた、インスパイアード・アルバム「BECK the movie~OFFICIAL INSPIRED BY...」 は、8月25日に発売予定。
2010年8月2日
『BECK(ベック)』
2010年9月4日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.beck-movie.jp