ニュース&レポート

サザンオールスターズの主題歌入り 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編が解禁

ビブリア古書堂の事件手帖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
三上延原作、シリーズ累計680万部を突破すベストセラー小説を完全映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』(11/1公開)の予告編が到着した。
サザンオールスターズの主題歌入り 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編が解禁

本作は、鎌倉の古書堂の店主である主人公が、古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく国民的大ベストセラー「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(三上延・著)を映画化した文芸ミステリー。

極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子(しのかわ しおりこ)を黒木華が、彼女に魅せられて店を手伝うことになる五浦大輔(ごうら だいすけ)を野村周平が演じる。さらに、漫画専門のネット販売を行う同業者で、栞子たちに関わっていくことになる稲垣に成田凌、大輔の祖母・五浦絹子の若き日に夏帆、絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄に東出昌大ら豪華キャストが出演。メガホンを執るのは、『幼な子われらに生まれ』(17)で第41回モントリオール世界映画祭コンペティション部門審査員特別賞に輝いた三島有紀子監督。

物語の舞台は、鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本を読めなくなった大輔は、亡き祖母の遺品・夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるため、古書店を訪れる。極度の人見知りだが、本に関しては人一倍の情熱と知識を持つ店主の栞子は、ひとたび本を手にすると、その驚くべき推理力によって、その本には祖母が死ぬまで守りたかった“秘密”が隠されていると推理する。

解禁された映像には、本を手にした栞子が可憐に謎解きをする姿から、栞子が何者かに襲われる衝撃的なシーン、そして、大輔が栞子の名を叫びながら自転車で疾走する姿などが収められている。また、鎌倉が舞台である本作の世界観を彩るのは、今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズの楽曲「北鎌倉の思い出」。桑田佳祐が作詞・作曲した楽曲を、原由子の歌声が優しく包み、北鎌倉を舞台に時空を超えて行き来する、愛する人への思いを、豊かな自然の描写とともに情緒的に表現している。

2018年9月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ビブリア古書堂の事件手帖』
2018年11月1日(木) 全国ロードショー
公式サイト:https://biblia-movie.jp/