ニュース&レポート

黒人刑事が白人至上主義団体“KKK”へ潜入捜査!?スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』特報映像が解禁

ブラック・クランズマン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
スパイク・リー監督最新作、第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『ブラック・クランズマン』(2019年3月公開)の特報映像とティザービジュアルが解禁された。
黒人刑事が白人至上主義団体“KKK”へ潜入捜査!?スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』特報映像が解禁
1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、鬼才スパイク・リー監督が映画化。第71回カンヌ国際映画祭では、最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得している。

主人公のロン・ストールワースを演じるのは、名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びる。

ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

解禁された特報映像は、KKKのメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に両手を高々と掲げ祈りを捧げる人々の不穏な映像から幕を開ける。この謎に満ちた団体“KKK”へ潜入すべく名乗り出たのは、なんと黒人刑事ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)。白人を装い電話で入会の面接まで取り付けたロンは、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)を実際にKKKに潜入させ、二人で一人の人間“ロン・ストールワース”を演じる大胆不敵な作戦を立てる。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

2018年11月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ブラック・クランズマン』
2019年3月 TOHO シネマズ シャンテほか全国公開