ニュース&レポート

テニスの歴史的名勝負を映画化『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』予告編が解禁

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1980年代に絶大な人気を誇ったテニスプレイヤー、ビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの熱き闘いを映画化した『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(8/31公開)の予告編が解禁された。
テニスの歴史的名勝負を映画化『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』予告編が解禁テニスの歴史的名勝負を映画化『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』予告編が解禁

テニスブームに沸く1980年、対極的な2人のスタープレイヤーの戦いに世界中が熱狂していた。5度目のタイトル獲得を目指す冷静沈着な美しきボルグと、短気で荒々しい悪童マッケンロー。本作は、80年代のレジェンドにして、今なおテニスプレイヤーの頂点の存在として歴史を作ったボルグVSマッケンローの熱き闘いを描いた感動実話。

ボルグ役には『ドラゴン・タトゥーの女』の続編(2018年公開予定)に主演として抜擢されたスベリル・グドナソン。マッケンロー役を『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフが演じる。

解禁された予告編では、1980年、5連覇という前人未到の記録に挑む美しき天才“氷の男”ビヨン・ボルグが、記者の「5連覇への意気込みは?」の質問に「特に何も」と表情一つ変えず答えるシーンに続き、試合中に審判に暴言を吐き、激昂する“炎の男”マッケンローの姿が映し出される。

続いて「勝つためにすべてを掛けてきた」とボルグが話すシーンでは、少年時代のボルグが登場。懸命にテニスの練習をするボルグだが、これを演じているのは、なんと実際のボルグ本人の息子のレオ・ボルグ。そして、「あいつはほかの選手とは違う」とボルグについて話すのはコーチのレナート。生死をかけてテニスに打ち込んできたボルグの才能を見出してきたこの人物を、スウェーデンの名優、ステラン・スカルスガルド(『アベンジャーズ』シリーズ、『マンマ・ミーア!』)が演じ脇を固めている。

その後、マッケンローが「あんな風になりたかった クールなボルグみたいに」と長年憧れの存在だったと吐露するシーンに続き、「文句があるなら出ていけ」と婚約者のマリアナ(ツヴァ・ノヴォトニー)に言い放つボルグの姿も。対峙する正反対の二人が感じた重圧、苦悩、激情、恐怖、混乱。生きるか死ぬかの鬼気迫る闘いの表と裏に迫る感動のドラマに期待が高まる内容となっている。

2018年7月24日
『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』
2018年8月31日(金)TOHO シネマズ日比谷ほか全国順次公開
公式サイト:http://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/