ニュース&レポート

4人の俳優が12年間ひとつの家族を演じた傑作、『6才のボクが、大人になるまで。』11月公開決定

6才のボクが、大人になるまで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『恋人までの距離(ディスタンス)』から始まるビフォア・シリーズで知られるリチャード・リンクレイター監督の最新作『Boyhood』の邦題が、『6才のボクが、大人になるまで。』となり、11月に日本公開されることが決まった。
4人の俳優が12年間ひとつの家族を演じた傑作、『6才のボクが、大人になるまで。』11月公開決定

2014年2月、第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた『6才のボクが、大人になるまで。』。同映画祭でリンクレイター監督に2度目の監督賞(銀熊賞)をもたらした本作は、6歳の少年メイソンとその家族の変遷の物語を、同じ主要キャストで12年に渡り撮り続けた画期的なドラマ。

これまでどんな映画作家も試みたことのない斬新な製作スタイルと、歳月の力を借りながら少年の成長の過程を画面に焼き付けていく、みずみずしい作風が高い評価を受け、米映画評集計サイトのRotten Tomatoesで、実写映画では今世紀初となる驚異の高評価100%を獲得。NYタイムズでは「21世紀に公開された作品の中でも並外れた傑作の1本」と評さており、早くもアカデミー賞最有力との呼び声も高い。

メイソンの成長を優しいまなざしで見守るリンクレイターは、家庭や学校のさりげない日常のひとこまを切り取ることで、少年の内面に渦巻く葛藤や悲しみを繊細に描写。さらに、その描写を12年分積み重ねていくことにより、パーソナリティが形成されていく過程を、誰もが見入ってしまうドラマチックな物語に仕立てる。

また、劇中にはイラク戦争やオバマ大統領の誕生といったアメリカ史を彩る出来事も盛り込まれるが、主に時代を表すのは、メイソンがいじるゲーム機やハリー・ポッター・シリーズの巻数。サブカルチャーに託して時の流れを物語る演出によって、日常に根差して人生を語ろうとするリンクレイターらしいこだわりがうかがえる仕上がりとなった。

あどけない少年から凛々しい青年へと成長していくメイソンを演じたのは、12年前にリンクレイターがオーディションで見出した逸材、エラー・コルトレーン。さらに、メイソンの母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターも、12年に渡りそれぞれの役の変化と成長を演じきる。

また、とりわけ強い印象を残すのがアークエットで、子育てと重労働に疲れ果てたシングルマザーが、大学で教鞭をとる自立した女性へと生まれ変わっていく様を熱演した彼女は、本作が作品賞と監督賞を受賞したシアトル国際映画祭において主演女優賞を獲得している。

『6才のボクが、大人になるまで。』
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク
公式HP:http://6sainoboku.jp/
(c) 2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

11月、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
2014年7月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『6才のボクが、大人になるまで。』
2014年11月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて公開
公式サイト:http://6sainoboku.jp/