ニュース&レポート

真木よう子、手塚治虫の『BUDDHA2』で“若き王子”役声優に挑戦

BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
手塚治虫が10年の歳月をかけて描いた「ブッダ」をアニメーション映画化する、全3部作の第2弾『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ ─終わりなき旅─』。本作で真木よう子が、復讐と野心に燃える若き王子役の声優を務めることがわかった。
真木よう子、手塚治虫の『BUDDHA2』で“若き王子”役声優に挑戦

今回、真木が挑戦したのは、自らの出生問題でシャカ国、そしてその王子シッダールタに復讐を誓うコーサラ国の若きルリ王子。今まで韓国ドラマの吹替えやTVアニメ、アニメ映画の女性キャラクターでの声の出演はあったものの、“王子”という男役に挑戦するのは初めてのこと。真木自身いつかは少年役を演じてみたいと思っていたことと、監督を含む制作サイドも直接本人と話してみて、真木の声質が少年役に向いていると感じたことが今回のキャスティングの決め手となった。

収録を終えた真木は、「いつか少年の声の役をやってみたいという願望があり、今回は本当に待望と言ったらおかしいですけれど、すごく嬉しかったです。声優の仕事はあまり経験がないので自信がなかったんですが、大好きな手塚治虫先生の原作という事で挑戦してみたいという気持ちがあって受けさせていただきました」とコメント。自身が演じるルリ王子について、「自分の母親が奴隷だったということで、彼がしがみついていたものが権力でしかなく、だけれども本当は母親への愛情というものを誰にも言えずに、葛藤し続けても逃げ出さずに強く生きるところに魅力を感じました」と語っている。

2011年に公開された『手塚治虫のブッダ ─赤い砂漠よ!美しく─』に続く本作は、 何不自由のない王子という身分を捨てたシッダールタが、行く先々で出会う人々との物語が壮大なスケールで展開する。ボイスキャストには、吉永小百合、吉岡秀隆、観世清和、水樹奈々が続投するほか、新たに松山ケンイチ、笑い飯 哲夫も参加。

真木よう子も加わった豪華キャスト陣が贈る『BUDDHA2 手塚治虫のブッダー終わりなき旅―』は、2014年2月8日(土)より公開される。
2013年10月15日
『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅』
2014年2月8日(土)全国ロードショー