ニュース&レポート

『キャピタリズム~マネーは踊る~』:マイケル・ムーア監督初来日決定

キャピタリズム~マネーは踊る~

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』と日本でも大ヒットを連発しながらも、「行くまでの時間が長すぎる!」という理由で、なかなか来日の叶わなかった監督マイケル・ムーアが、遂に『キャピタリズム~マネーは踊る~』を引っさげて“アポあり”初来日することが決定した。
画像:マイケル・ムーア監督“初来日”決定!!
12月5日にTOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 梅田にて限定公開が決定した本作は、未だ日本にもその影響を及ぼしている「世界同時不況」の犯人に突撃取材、“まじめに働く99%の労働者”の生活の実態と、“搾取する側、1%のCEO”を鮮明に描き出している。 日本を含め「世界のおカネがウォール街へ繋がっていて彼らの飽くなき利益への欲求の余波が私たちの生活を脅かしている」ということに気付かせてくれる本作。経済アナリストの森永卓郎氏による字幕監修で、“小学生でも世界同時不況が2時間でわかる”ようになっており、笑って怒って感動できる究極のマネー$エンタテインメントとして仕上がっている。 先日、厚生労働省が発表した「貧困率」によると「15.7%」と、アメリカと同じように経済格差が広がっている日本で、ムーア監督が何を語るか楽しみなところ。マイケル・ムーアは、11月下旬、12時間のフライトを経て来日することになる。
2009年10月29日
『キャピタリズム〜マネーは踊る〜』
2009年12月5日(土)より TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 梅田にて限定公開 / 2010年1月9日(土)より 全国拡大ロードショー
公式サイト:http://capitalism.jp/