ニュース&レポート

クロエ・グレース・モレッツ主演で『キャリー』再映画化!2013年5月日本公開決定

キャリー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ブライアン・デ・パルマ監督によって1976年に映画化されたスティーブン・キング原作の「キャリー」が、クロエ・グレース・モレッツ主演で再映画化。クロエ演じるキャリーが全身に血を浴びた衝撃シーンの写真が解禁された。
クロエ・グレース・モレッツ主演で『キャリー』再映画化!2013年5月日本公開決定

映画『キャリー』は、内気な高校生キャリーと、彼女を厳格に育てる狂信的な母、そして彼女を疎外する高校の同級生たちをめぐる青春サイコ・サスペンス。今回の再映画化では、ヒロインのキャリー役には、『キック・アス』『モールス』で、いま最も注目されているティーン女優クロエ・グレース・モレッツが抜擢。キャリーの内向性を増長させることになる異常なまでに厳しい母親には、『ハンニバル』『めぐりあう時間たち』の演技派ジュリアン・ムーアが扮する。

公開された場面写真は、クロエ演じるキャリーが、真っ白なプロムのドレスで全身に血を浴びたシーンで、映画を象徴する一枚(左)。もう一枚は、胸にかけた十字架と、その表情が物語る通り狂信的なクリスチャンであるキャリーの母親の写真(右)。

1976年に映画化されたデ・パルマ版の『キャリー』では、テレキネシス(念動能力者)だったキャリーが、抑圧されていた怒りを爆発させ、いじめっこたちを襲うショッキング・シーンは、圧倒的な迫力映像で、いまも伝説となっているほど。また、キャリーを演じたシシー・スペイセクと母を演じたパイパー・ローリーが、当時アカデミー賞にダブルノミネートされ、原作者のスティーヴン・キングが「私の作品にもっとも忠実に映像化されている」と絶賛した作品で、今回の再映画化ではどこまで前作を越えられるかが話題になりそうだ。

監督のキンバリー・ピアーズは『ボーイズ・ドント・クライ』でヒラリー・スワンクにアカデミー主演女優賞に導いた実績があり、クロエ・グレース・モレッツから、いかにシリアス・サイコ演技を引き出しているかも注目される。

『キャリー』は現在トロントほかで鋭意撮影中、全米では2013年3月15日公開。日本では2013年5月の公開を予定している。
2012年8月29日
『キャリー』
2013年11月8日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://www.carrie-movie.jp/