ニュース&レポート

『第9地区』監督最新作は、ギャングにさらわれた人工知能ロボットの物語!『チャッピー』が5月公開決定

チャッピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督最新作で、成長するAIを搭載した人型ロボットを主人公にした映画『チャッピー』の公開が5月23日(土)に決定した。
『第9地区』監督最新作は、ギャングにさらわれた人工知能ロボットの物語!『チャッピー』が5月公開決定
2016年―犯罪多発地区、南アフリカヨハネスブルグに世界でただ一体の、"感じ、考え、成長する" AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生する。彼の名はチャッピー。開発者のディオン(デーヴ・パテル)は極秘でAIを彼に搭載させていた。起動したばかりのチャッピーはまっさらな、まるで子供のよう。しかしディオンとともにストリートギャングにさらわれたことで、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれ、急速なAIの成長は彼自身のバッテリーが残り5日間だと知るとともに、死への恐怖をも感じてしまう…。

難民エイリアンと人類の対峙を描いて全世界で大ヒットした『第9地区』、未来の格差社会を鋭く描いた『エリジウム』と、全世界の映画ファンを未知の体験に誘い続ける監督ニール・ブロムカンプ。彼が新たに挑むのは、2016年のヨハネスブルグを舞台に成長するAIを搭載した人型ロボット"チャッピー"を主人公にした監督の原点的野心作。

チャッピーを演じるのは、『第9地区』『エリジウム』とニール・ブロムカンプ監督の盟友ともいえるシャールト・コプリー。そして、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーヴァー、デーヴ・パテルら、演技派俳優たちが顔を揃えている。

『チャッピー』
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー(チャッピー/声など)、ヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーヴァー、デーヴ・パテル


5月23日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
2015年2月4日
『チャッピー』
2015年5月23日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://Chappie-movie.jp