ニュース&レポート

スタジオポノック『ちいさな英雄』予告編が解禁!エンディングテーマは木村カエラ

ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
昨夏、『メアリと魔女の花』を発表したスタジオポノックの短編アニメーション制作レーベル「ポノック短編劇場」の第一弾となる『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』(8/24公開)のエンディングテーマが、木村カエラの新曲「ちいさな英雄」に決定。予告編も解禁された。
スタジオポノック『ちいさな英雄』予告編が解禁!エンディングテーマは木村カエラ

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』は、“子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という志からスタートしたプロジェクト「ポノック短編劇場」の第一弾作品。

「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなるカニの兄弟の大冒険ファンタジー「カニーニとカニーノ」。高畑勲監督の右腕として活躍してきた鬼才・百瀬義行監督による、実話をもとに描いた母と少年の愛と感動の人間ドラマ「サムライエッグ」。宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる「透明人間」の3つの物語で構成される。

スタジオポノック『ちいさな英雄』予告編が解禁!エンディングテーマは木村カエラ
木村カエラは、子どものころからアニメーション作品と親しみ、子供から大人までが楽しめるアニメーション映画とのタッグを熱望。新曲「ちいさな英雄」で念願の楽曲提供となった。米林宏昌監督をはじめとするジブリ出身の3人の監督が新天地スタジオポノックで作品を制作するにあたり、映画チーム協力のもと楽曲のイメージをつくりながら、入念な打ち合わせの中で5月より制作がスタート。楽曲の中では懸命に生きる子ども、そして彼らを温かくみつめる大人の目線、感情が相互に入れ替わり、軽やかに飛び越えていく楽曲となった。

サウンドプロデュースでは、木村カエラと数々の楽曲でタッグを組み、「TREE CLIMBERS」や「Ring a Ding Dong」など、キャッチーかつエッジの効いたサウンドを生み出してきた ASPARAGUS 渡邊忍が約4年ぶりに参加。また、最新ビジュアルはは、カメラマンにデヴィッド・ボウイやYMOなど数々のロックアーティストをみつめてきた鋤田正義氏を迎え、撮影が行われた。



木村カエラ コメント

この3作品を手掛けられた、米林監督作品や、百瀬監督、山下監督が関わった作品の大ファンで、いつか自分の曲も一緒に何かできないかとずっと思っていたので、今回お話をいただいて、夢が叶いとてもうれしく思っています。この映画のお話をいただいた時、短編劇場ですが、この映画の短い中にこめられた、それぞれの監督の願いや、映画チームの願いである、“子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という気持ちをひとつずつ感じながら、映画チームと何度も打ち合わせを行い、西村プロ
デューサーと作り上げていきました。
3作品のすべてをまとめるというエンディングテーマなので、映画の大きなテーマをもとに、この映画を観終わった人たちすべての人が笑顔で帰れるような楽曲をつくろうと思い、この楽曲を聴いた、子どもたちがのびのびと生きてほしい、育ってほしいと、私なりの目線で書かせてもらいました。
この作品がたくさんの人の元に届くことを願っています。

西村義明プロデューサー コメント

物語も絵柄も作り手も異なる3つの作品を、「ちいさな英雄」というテーマで明るく包む歌が欲しい。声の中に笑顔が見える木村カエラさんの歌声なら、この無理難題に一緒に挑んでもらえるんじゃないか。その思いでエンディングテーマをお願いしました。後日、歌曲が完成したとき「緊張しすぎて泣きました!」と笑っていた木村カエラさんですが、こちらは思わず「すごい!」と唸りました。カエラさんの曲と真っ直ぐな声は、感傷や叙情を軽々と飛び越えて、劇場をキラキラと祝福で満たします。映画館からの帰り道、大人も子どもも思わず口ずさんで空を見上げるような、とても素敵な歌の完成に心から感謝しています。
2018年7月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間』
2018年8月24日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://ponoc.jp/eiyu