ニュース&レポート

松山ケンイチ主演『珍遊記』“何だか訳わからんが、とにかく凄い”予告編が解禁☆

珍遊記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を、山口雄大監督×松山ケンイチ主演で実写映画化した『珍遊記』(2/27公開)の予告編と本ビジュアルが解禁された。
松山ケンイチ主演『珍遊記』“何だか訳わからんが、とにかく凄い”予告編が解禁☆
1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」。

まさかの映画化にあたって主演を務めるのは松山ケンイチ。坊主頭にパンツ一丁という主人公・山田太郎そのままの格好で、完全に振り切った演技を披露する。また、山田太郎と共に天竺を目指す坊主・玄奘に、倉科カナ。山田太郎に恨みを持つ映画オリジナルキャラクターの龍翔に、溝端淳平。育ての親・じじいに、田山涼成。ばばあに、笹野高史。漫☆画太郎作品ではお馴染みとなる世界最強の武闘家・中村泰造に、温水洋一。変身前の山田太郎をピエール瀧が演じる。

今回の予告編は、主人公・山田太郎(松山ケンイチ)と共に天竺を目指すことになる坊主・玄奘(倉科カナ)が、太郎と出会う前に偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に相談を持ち掛けられ、真顔で「ちんこ」について会話を繰り広げる、妙にシリアス度満点な映画のファーストシーンから始まる。

続いて太郎、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)、変身前の山田太郎(ピエール瀧)、こづれ紳士(板尾創路)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった個性的なキャラクターが次々登場。何とも説明しにくい衝撃のアクションシーンの数々を始め、荒唐無稽過ぎて目が離せない本作ならではの独特な魅力を凝縮している。

BGMとして使われているのは、これが本邦初公開となるRIP SLYMEによる書き下ろしのエンディング曲「Drop!」。また、ナレーションは、俳優・声優の千葉繁が担当。より一層ハイテンションに、映画のもの凄い世界観を解説している。


2016年1月26日
『珍遊記』
2016年2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー
公式サイト:http://chinyuuki.com