ニュース&レポート

柴咲コウ新曲「ラブサーチライト」が『名探偵コナン 異次元の狙撃手』主題歌に決定

名探偵コナン 異次元の狙撃手

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
4月19日(土)より公開される「名探偵コナン」の劇場版第18弾『名探偵コナン 異次元の狙撃手』の主題歌を、柴咲コウが担当することが発表された。
柴咲コウ新曲「ラブサーチライト」が『名探偵コナン 異次元の狙撃手』主題歌に決定

シリーズ18作目の劇場版となる『名探偵コナン 異次元の狙撃手』は、高さ635mのタワーで起きた狙撃事件を発端に、コナンと世良、そして警察とFBIが捜査する中で、海軍の特殊部隊「ネイビー・シールズ」の存在が浮かび上がる…といったミステリーが、劇場版にふさわしいスケールで展開する。

今作の主題歌を担当するのは、昨年の『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』でゲスト声優を務めた柴咲コウ。コナンファンからも絶賛されるほど作品との親和性が高く、コナン愛も強い柴咲へ、今回はアーティストとして主題歌をオファーしたところ、快く快諾。台本を読み込み歌詞を書き下ろした新曲「ラブサーチライト」でコナンの世界に華を添える。

コナンの主題歌を担当するということに柴咲は、「プロットを読んで、犯人を追い詰めるという意味と、愛しい人を照らし続けるという意味を込めて作りました。大好きな作品だからこそコナンの世界観を最後にきちんとまとめるような曲にしたかった」と、楽曲に込めた想いを語っている。

柴咲コウ コメント


ずっとコナンファンだったので、前作で声優をさせて頂いた時も凄く嬉しかったんですけど、まさか次の劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手』で主題歌を担当させて頂けると思っていなかったので、女優と音楽、どちらも頑張ってやってきて良かったなって思ってます。プロットを読ませて頂いて、”スナイパー”とか”探偵”ということを想像しやすい言葉を選んでいって、新曲「ラブサーチライト」が完成しました。”サーチライト”には、犯人を追い詰めるイメージがあるし、精神的にも誰か愛しい人を照らし続けたい、という想いに置き換えられると思い、キーワードに選びました。大好きな作品だからこそ、コナンの世界観を最後にきちんとまとめられるような曲にしたかったんです。映画も、東京を舞台にしているのであたかも自分たちが住んでいる街並みの中で事件が起きている感覚だし、映像にも勢いと緊張感とリアリティがあって、凄くワクワクしてます。物語の中に入り込める作品になると期待しています。

プロデューサーによる起用理由


いやーこんな事もあるんですね。映画「名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)」の主題歌になんと柴咲コウさんが参加してくれるのです。前作「絶海の探偵(プライベート・アイ)」に見事な演技で謎の女性自衛官を演じていただいたのは記憶に新しいと思います。その演技の素晴らしさもさることながら、行動や会話の端々に感じられた「名探偵コナン愛」に感動したことを昨日のように思い出しています。その柴咲さんに主題歌を歌ってもらえるなんて光栄以外の何物でもありません。「ラブサーチライト」は柴咲さんのコナンに対する視点がすごく重なっていて、柴咲さんが書く歌詞にも魅力が溢れています。今までとは違ったアプローチで映画のストーリーを包んでくれる名曲を、スクリーン上でのステキな映像とともにお楽しみいただけることを楽しみにしています。


『名探偵コナン 異次元の狙撃手』
原作:青山剛昌(小学館・週刊少年サンデー連載中/読売テレビ・日本テレビ系放送中)
監督:静野孔文 脚本:古内一成 音楽:大野克夫
江戸川コナン:高山みなみ 毛利 蘭:山崎和佳奈 毛利小五郎:小山力也
(C) 2014 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2014年4月19日(土)より全国東宝系にてロードショー
2014年3月7日
『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』
2014年4月19日(土)全国東宝系ロードショー