最新映画ニュース&レポート

ダンボ

ディズニー×ティム・バートン監督が贈る『ダンボ』2019年3月公開決定!特報が解禁

ダンボ
ティム・バートン監督が、世界中から愛される名作を全く新しい物語として実写映画化した、ディズニー新作映画『ダンボ』の日本公開が、2019年3月29日(金)に決定し、ティザービジュアルと特報映像が解禁された。
(2018年9月13日)

ニュース&レポートアーカイブ

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス

英国ファッション界を制した女王 ヴィヴィアン・ウエストウッドのドキュメンタリー、12月公開決定

  • 英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓う、生きる伝説ヴィヴィアン・ウエストウッドのパワーの秘密に迫るドキュメンタリー映画『WESTWOOD: PUNK, ICON, ACTIVIST(原題)』が、邦題『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』として2018年12月28日(金)より公開されることが決まった。…続きを読む
  • 2018年9月13日
長いお別れ

中野量太監督、中島京子の小説「長いお別れ」を映画化 認知症をテーマに描く家族の物語

  • 直木賞作家・中島京子が、認知症をテーマに描いた小説「長いお別れ」(文春文庫刊)が、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督により映画化されることがわかった。…続きを読む
  • 2018年9月13日
ブレス しあわせの呼吸

映画『ブレス しあわせの呼吸』アンディ・サーキス監督 オフィシャル・インタビュー

  • 1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュとその妻ダイアナの激動の半生を、その息子で『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者ジョナサン・カヴェンディッシュが自らプロデュースし映画化した『ブレス しあわせの呼吸』が公開中。本作で念願の長編監督デビューを果たしたモーションキャプチャーの名優アンディ・サーキスのオフィシャルインタビューが到着しました。…続きを読む
  • 2018年9月12日
宵闇真珠

クリストファー・ドイル監督×オダギリジョー『宵闇真珠』12月公開決定

  • 撮影の巨匠クリストファー・ドイルがメガホンをとり、オダギリジョーが出演する映画『THE WHITE GIRL』の邦題が『宵闇真珠(よいやみしんじゅ)』に決定し、2018年12月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開されることが決まった。…続きを読む
  • 2018年9月12日
第31回東京国際映画祭

東京国際映画祭 オープニング作品はガガ初主演『アリー/ スター誕生』、クロージングは『GODZILLA 星を喰う者』

  • 10月25日(木)~11月3日(土・祝)に開催される第31回東京国際映画祭。本年度のオープニング作品に『アリー/ スター誕生』、GALAスクリーニング作品に 『人魚の眠る家』、クロージング作品が『GODZILLA 星を喰う者』に決定した。…続きを読む
  • 2018年9月12日
メアリーの総て

「フランケンシュタイン」原作者の衝撃の人生 エル・ファニング主演『メアリーの総て』12月公開

  • エル・ファニング主演、ゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」の原作者メアリー・シェリーを主人公にした映画『MARY SHELLEY(原題)』の邦題が『メアリーの総て(すべて)』となり、今冬12月に公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが解禁された。…続きを読む
  • 2018年9月11日
一度死んでみた(仮)

広瀬すず、コメディ初挑戦!堤真一&吉沢亮 共演『一度死んでみた(仮)』2020年公開

  • ソフトバンクの「ホワイト家族」シリーズなどを手掛けたCMプランナー澤本嘉光によるオリジナル脚本作品「一度死んでみた(仮)」が映画化。ヒロインを広瀬すずが演じるほか、堤真一、吉沢亮が共演する。…続きを読む
  • 2018年9月11日
ビブリア古書堂の事件手帖

サザンオールスターズの主題歌入り 映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編が解禁

  • 三上延原作、シリーズ累計680万部を突破すベストセラー小説を完全映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』(11/1公開)の予告編が到着した。…続きを読む
  • 2018年9月7日
1987、ある闘いの真実

それぞれが最低限の良心を守り抜いた時、歴史が変わる──『1987、ある闘いの真実』チャン・ジュナン監督インタビュー

  • 1987年、軍事政権下の韓国で、国民が国を相手に闘った民主化闘争を描いた衝撃の実話『1987、ある闘いの真実』が、9月8日(土)より公開。キャストには、『哀しき獣』以来7年ぶりの共演となるキム・ユンソクとハ・ジョンウをはじめ、学生デモに立ち上がる大学生をカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家にソル・ギョング、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、『お嬢さん』で注目されたキム・テリなど、ベテランと若手の演技派俳優が集結し、一人の学生の死の真相を巡り、警察、検察、新聞記者らがそれぞれの思惑や信念の元に闘う姿をスリリングに描ききる。監督は『ファイ 悪魔に育てられた少年』で狂気の境界線にいる登場人物たちを描き出したチャン・ジュナン。映画の公開を前に、チャン・ジュナン監督にお話を伺いました。…続きを読む
  • 2018年9月7日