ニュース&レポート

藤山直美、上海国際映画祭で最優秀女優賞を受賞!日本人女優として初

団地

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
6月11日~19日まで開催された、第19回上海国際映画祭の授賞式が19日(日)に行われ、コンペティション部門に日本から唯一ノミネートされた『団地』(阪本順治監督)で、主演の藤山直美が金爵賞最優秀女優賞を日本人女優として初めて受賞した。
藤山直美、上海国際映画祭で最優秀女優賞を受賞!日本人女優として初

映画『団地』は、実在した女性逃亡犯の内面を圧倒的リアリティーで再現した『顔』の藤山直美と阪本順治監督が再タッグを組んだ最新作。日本では6月4日より公開されており、特に映画で舞台となった大阪では立ち見が出るほどの大ヒットを飛ばしている話題作。

第19回上海国際映画祭では、コンペティション部門審査員長にエミール・クストリッツァ監督(『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』)、その他審査員には、アトム・エゴヤン監督(『スウィート ヒアアフター』『白い沈黙』)、ダニエル・ルケッティ監督(『我らの生活』)、アブデラマン・シサコ監督(『禁じられた歌声』)他が迎えられ、全14作品で最優秀作品賞<金爵賞>を争った。

現地で賞を受け取った阪本監督は、「今日は本人(藤山)が来れなかったんですが、僕が監督デビューしてから28年目、本作は映画人生の中で最も実験した作品です。藤山さんがいたからトライできた作品で、藤山さんに感謝します。また、上海国際映画祭に感謝します」とコメント。

授賞式に出席できなかった主演・藤山直美は「この度は有難うございます。久しぶりの映画で、阪本監督の演出に従った結果、賞を頂いたわけですから、この賞は監督の手腕によるところが大きいと思っています。阪本監督が喜んでくださるなら、私もとても嬉しく思います。そして共演者の皆様の存在も大きかったです。共演者の皆様にも心から感謝申し上げます」とコメントを発表した。

2016年6月20日
『団地』
2016年6月4日(土)、有楽町スバル座、新宿シネマカリテ他全国ロードショー
公式サイト:http://danchi-movie.com/