ニュース&レポート

藤山直美×阪本順治監督『団地』予告編が到着!謎の青年・斎藤工も登場

団地

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2000年に映画賞を総なめにした『顔』の藤山直美×阪本順治監督コンビが16年ぶりに再タッグを組んだ最新作『団地』の予告編が到着した。
藤山直美×阪本順治監督『団地』予告編が到着!謎の青年・斎藤工も登場

とある事情で家業の漢方薬局を畳み、団地に越してきたヒナ子(藤山直美)と清治(岸部一徳)。住人たちは、自治会長の行徳(石橋蓮司)と妻の君子(大楠道代)、クレーマーで次期会長を狙う吉住(宅間孝行)に、暇を持て余した奥さま連中…。しかしある日を境に清治の姿を全く見かけなくなる。それでも淡々とパートに通い続けるヒナ子の言動に、隣人たちの 妄想は膨らむばかり。さらに、妙な立ち居振る舞いの青年(斎藤工)が山下家を訪れて…

実在した女性逃亡犯の内面を圧倒的リアリティーで再現し、映画賞を総なめにした傑作『顔』から16年。日本演劇界が誇る舞台女優、藤山直美と阪本順治監督が再びタッグを組んだ最新作は、阪本監督書下ろし完全オリジナル脚本の会話劇。さまざまな人生が交差する団地という“小宇宙”を舞台に、ごく平凡な夫婦の全然普通じゃない日常を、独特のオフビートな感覚で描きだす。

予告編では、「阪本監督が撮ってくれるなら」と久々にスクリーンへ復帰した藤山直美のほか、岸部一徳、石橋蓮司、大楠道代ら阪本組常連にして最強と言うべきカルテットが集結。大阪近郊の古ぼけた団地でヒナ子に「死んだことにしてくれ!」とヘソを曲げ突然床下へ潜ってしまう夫・清治。最近姿を見ていないと口を揃える隣人たちの好奇心、妄想はとどまることなく加速し続け、ついには失踪説まで流れ出し、緊急会議をひらく始末…。そんな中、妙な立ち居振る舞いをする謎の青年役、阪本組初参加の斎藤工が異質な存在感を放っている。そして、大阪弁のテンポの良さが拍車をかけ庶民劇でありながら、大胆不敵な大どんでん返しが待ち受ける―。

本編にも声の出演で参加を果たした、「大阪を代表するラジオパーソナリティといえば!」の浜村淳がナレーションを務めているのにもご注目。浜村は本作について「ウソもマコトも団地では噂の広まり早すぎる。笑わせ泣かせ怖がらせ、ああ、家の団地も良く似てる」とコメント。観客を巻き込み、秘密を共有した者たちの運命はどうなるのだろうか。

2016年3月24日
『団地』
2016年6月4日(土)、有楽町スバル座、新宿シネマカリテ他全国ロードショー
公式サイト:http://danchi-movie.com/