ニュース&レポート

没後20年 リヴァー・フェニックス幻の遺作『Dark Blood』が完成!2014年春、日本公開決定

ダーク・ブラッド

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
1993年10月31日に23歳の若さで他界した俳優、リヴァー・フェニックス。撮影中突然の訃報により、未完成のままお蔵入りとなり、世界中のファンがその完成を待ちわびていた遺作『ダーク・ブラッド(原題)』が、没後20年近い歳月を経て完成。2014年春、東京・ユーロスペースほか全国公開されることが決まった。
没後20年 リヴァー・フェニックス幻の遺作『Dark Blood』が完成!2014年春、日本公開決定

子役時代に主演した『スタンド・バイ・ミー』、アカデミー賞助演男優賞にノミネートした『旅立ちの時』、盟友キアヌ・リーブスと共演しベネチア国際映画祭男優賞受賞の『マイ・プライベート・アイダホ』など、実力と人気を兼ねた若手俳優として、輝かしい経歴を誇るリヴァー・フェニックス。わずか23歳にして薬物の過剰摂取で、ハリウッドの人気クラブ「ヴァイパー・ルーム」の入り口でリヴァーが急逝したのは、今からちょうど20年前の10月31日。それは、『ダーク・ブラッド(原題)』撮影の最中、クランクアップの10日前であった。突然の訃報は当時、リヴァーの親友たち、キアヌ・リーブス、ジョニー・デップ、イーサン・ホークなどハリウッドをはじめ、全世界中に大きな悲しみと衝撃が広がった。

ジョルジュ・シュルイツァー監督(現在81歳/『ザ・バニシング‐消失‐』『マイセン幻影』)は、リヴァーの死後、保険会社に『ダーク・ブラッド(原題)』のフィルムを取りあげられることを恐れ、オランダに持ち帰り長らく保管していた。しかし、2008年に大病を患い死に直面した監督は、作品を完成させることを決意。フィルムの法的問題がクリアになり、資金確保の目途も立ったことから、2009年より映画制作を再開した。撮影できなかったシーンは、ナレーションで補うなどの工夫でようやく完成した本作は、2012年9月にシュルイツァー監督の地元であるオランダ映画祭でプレミア上映を実施、2013年第63回ベルリン国際映画祭出品され、世界的なニュースとなった。

映画は、妻を亡くし、かつて核実験場であった砂漠の荒れ地に住む青年ボーイ(リヴァー・フェニックス)の物語。ある日、青年ボーイの元に、ハリウッドからやってきた裕福な夫婦、ハリー(ジョナサン・プライス)とバフィー(ジュディ・デイヴィス)が車の故障のために助けを求めてやって来る。人里離れた荒野で世捨て人のような生活をしている青年ボーイは、親切だがどこか不気味な雰囲気を漂わせている。しかし、夫婦には、彼を頼ることしか帰路につく方法はない。一方、妻を亡くして以来、世界の終末を待ちわびる孤独な青年ボーイは、二人との出会いを契機にその内に秘めた本能が目覚めていく。美しいバフィーに好意を寄せるボーイ、彼の妖しく不思議な魅力にはまり込んでいくバフィー、ボーイとことある毎に衝突するハリー、三人の関係は次第に緊迫の度を深めてゆく。

『ダーク・ブラッド(原題)』
監督:ジョルジュ・シュルイツァー
出演:リヴァー・フェニックス、ジョナサン・プライス、ジュディ・デイヴィスほか
(C) 2013 Sluizer Films BV
公式HP⇒www.dark-blood.com

2014年春、東京・ユーロスペースほか全国ロードショー
2013年10月31日
『ダーク・ブラッド』
2014年4月26日(土)より東京・ユーロスペースほか全国順次ロードショー