ニュース&レポート

映画『デスノート 2016』製作決定!“6冊ルール”をめぐる壮絶なバトル

デスノート 2016

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2006年、藤原竜也と松山ケンイチ共演で映画化された『DEATH NOTE』。誕生から10年目となる年に、正当な続編として完全新作映画『デスノート 2016』(仮)が製作されることが発表された。
映画『デスノート 2016』製作決定!“6冊ルール”をめぐる壮絶なバトル

全世界累計発行部数3000万部を誇るカリスマコミック「デスノート」。2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』二部作の興行収入は80億円を超えるメガヒットを記録。海外からの注目も高く、スピンオフ作『L chang the WorLd』(08)を合わせると35の国際映画祭に招かれ、60以上の国と地域で公開されて、今なお拡大を続けている。他にも、アニメ、小説、舞台とメディミックスを展開。2015年には連続ドラマ化され、初回視聴率16.9%をマーク。日本での放送開始と同時に127カ国での放映&配信が決定し、全世界からの注目の高さを証明したモンスター・シリーズだ。

そして2016年、伝説となった映画『デスノート』誕生から10年目となる年に、正当な続編として完全新作映画『デスノート 2016』(仮)が放たれる。

世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会となった現在、2016年を舞台に"夜神月”と”L"のDNAを受け継いだ新たなるカリスマが登場(何をどのように受け継いだ存在なのかは今は伏せられている)。2人の天才の意志を継ぐ者たちと、一体誰が保持者なのか分からない新たな「デスノート」を巡る戦いを、海外ロケーションを交え全世界スケールで描く。

今回の映画化を決定づけたのは、原作にあるデスノートの“6冊ルール”。「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない。よって、人間にノートを所有させる事で人間界にいていい死神も6匹まで。」とある。この原作に存在しているが映画・ドラマ・アニメ・舞台でも未だ使用されていないルールを基に、地上に舞い降りた6冊の「デスノート」をめぐる壮絶なバトルが繰り広げられるのだろうか?

「6冊ルール」の他、今回ドラマ最終回でも公開された特別映像内にちりばめられた「夜神月、復活」「Lの後継者」「弥海砂」「死神の目」「ノートの封印」・・これらのキーワードは一体何を意味するのか?ベールに包まれたこの一大プロジェクトの謎はまだ明らかになっていない。今後の続報に期待が高まる。

監督には『GANTZ』『図書館戦争』の佐藤信介を迎え、ソリッドなアクションも加えた、想像を絶する頭脳戦が始まる。



映画『デスノート 2016』(仮)
監督:佐藤信介
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式ホームページ:http://deathnote2016.com
(C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

2016年、全国超拡大ロードショー
2015年9月14日
『デスノート Light up the NEW world』
2016年10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー
公式サイト:http://www.deathnote2016.com