ニュース&レポート

偽ナチス将校の暴走を描く『ちいさな独裁者』2019年2月公開決定

ちいさな独裁者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『RED/レッド』『きみがぼくを見つけた日』のロベルト・シュヴェンケ監督が、終戦間際のドイツで起こった実話をもとに撮り上げた最新作『Der Hauptmann』の邦題が、『ちいさな独裁者』となり、2019年2月8日より全国順次公開されることが決まった。
偽ナチス将校の暴走を描く『ちいさな独裁者』2019年2月公開決定

第二次世界大戦末期の1945年4月。敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走し始めるが……。

映画『RED/レッド』や『きみがぼくを見つけた日』で知られるロベルト・シュヴェンケ監督が、母国ドイツで撮り上げた本作は、偶然の成り行きと言葉巧みな嘘によってナチス将校の威光を手に入れた若者が、ヒトラーをも想起させる怪物的な“独裁者”に変貌していく様を映し出したサスペンス・ドラマ。

権力という魔力、そのパワーにしがみ付く人間の醜さ、それに盲従する人間の弱さをえぐり出した映像世界は、決して遠い過去の出来事ではなく、現代社会への警鐘として生々しい戦慄を呼び起こす。2017年サンセバスチャン国際映画祭で撮影賞受賞、ドイツ映画賞2018では作品賞ほか4部門にノミネートされた。

公開は、2019年2月8日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて。
2018年10月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ちいさな独裁者』
2019年2月8日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
公式サイト:http://dokusaisha-movie.jp/