ニュース&レポート

キャスリン・ビグロー監督、最新作『デトロイト』に込めた熱き想いを語る

デトロイト

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー監督最新作、1967年に起こった、アメリカ史上最大級の“暴動”の渦中で起きた事件を描いた衝撃作『デトロイト』について、監督自身が熱く語ったコメントが到着した。
キャスリン・ビグロー監督、最新作『デトロイト』に込めた熱き想いを語る
1967年7月23日未明、デトロイトの黒人居住区で小競りが起こった。権力や社会に蔓延する人種差別などに不満を抱く黒人たちが暴徒化し、死者43名、負傷者が1100名以上となる米史上最大規模の大惨事を引きおこした<デトロイト暴動>。キャスリン・ビグロー監督は、その凄まじい暴動を、ドキュメント映像を交えてリアルに再現。そして、暴動の最中に起こったある事件に焦点を絞り、アドバイザーとして現場に招いた実在の被害者の証言の元、歴史の闇に眠っていた“戦慄の一夜”の真実に肉薄していく。

ビグロー監督は、「本作のように現実のストーリーを語る場合には、語り手として歴史とそれに関わった人々、生存者にも亡くなった人たちにも、自ら責任を持つ心構えが必要だ。我々はドキュメンタリーではなく、フィクションのエンターテイメント作品を製作しているので、配慮と誠意を込めて、過去の出来事に対して敬意を払わなければならない」とし、現場に居合わせた黒人警備員メルヴィン・ディスミュークスらが体験した、想像を絶する体験に耳を傾けた。本編でも実名で登場するディスミュークスを演じているのは、『スター・ウォーズ』新シリーズや『パシフィック・リム:アップライジング』(原題)など、ハリウッド超大作への出演が続くジョン・ボイエガだ。

『デトロイト』

「今回は、観客の皆さんをアルジェ・モーテルの中へと誘う。リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語るビグロー監督は、密室と化したモーテルでの事件を、圧倒的な臨場感で描き出す。戦慄の一夜、その舞台となるのはアルジェ・モーテル。暴動発生から3日目の夜、一発の銃声がこの安宿から放たれたと通報があり、デトロイト市警官やミシガン州兵が現場に急行する。やがて、3人の白人警官が、現場に偶然居合わせた若者たちに暴力的で容赦ない尋問を始める。童顔で無軌道な差別主義者の白人警官クラウスには、幼い頃から子役として活躍し、近年も『レヴェナント: 蘇えりし者』などへの出演が記憶に新しい英国出身の個性派俳優ウィル・ポールター。鬼気迫る怪演にオスカーへの期待も高まっている。

『デトロイト』

キャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』には、人種差別や格差社会など、50年の時を越えても変わらない現代社会への普遍的なテーマとメッセージが込められている。ビグロー監督は、「映画の目的が変化を求めて闘うことなら、そして人々がこの国の人種問題に声を上げる用意があるなら、私たちは映画を作る者として、喜んでそれに応えていきます。この映画が、少しでも人種に関する対話を促すための役に立つこと、そしてこの国で長きにわたって根強く残っている傷を癒すことができることを願ってやみません。」とコメントを寄せている。

キャスリン・ビグロー監督の最高傑作『デトロイト』は、2018年1月26日(金)より全国ロードショー。
2017年11月15日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加