ニュース&レポート

全米の2014年期待の映画ランキング堂々1位!『ダイバージェント』ポスター解禁

ダイバージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
全米で累計400万部を売上げ、さらにその数を伸ばしているメガヒット小説「ダイバージェント」。この映画化第1弾で、7月に日本公開を予定している『ダイバージェント』のポスタービジュアルが解禁された。
全米の2014年期待の映画ランキング堂々1位!『ダイバージェント』第1弾ビジュアル解禁
本作は、全米ソーシャルメディアが選ぶ、2014年期待の映画ランキングで堂々の1位に輝いた近未来SFアクション超大作。原作小説はシリーズ3部作となっており、第2部「Insurgent」、第3部「Allegiant」で完結、アメリカでは早くも続編「Insurgent」(原題)の製作が決定し、シリーズ第1弾の全米公開を3月21日に控えている。

主演は、『ファミリー・ツリー』の若手注目株シャイリーン・ウッドリー。ほかにテオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、マギーQ、レイ・スティーブンソン、ケイト・ウィンスレットと豪華な俳優陣が集結。『幻影師アイゼンハイム』『リミットレス』のニール・バーガーがメガホンを取る。

16歳で受ける《選択の儀式》により強制的に5つの共同体(ファクション)に振り分けられる近未来を舞台にした本作。完成したポスターでは、世界崩壊から100年が経った町並みをバックに、主人公・トリスと、【勇敢】のファクションでのトリスの教官となるフォーが背中合わせに並ぶ。トリスの胸元には3羽のカラスが、フォーの背中には5つのファクションのマークがタトゥーとして彫られている。軍事・警察の機関である【勇敢】のファクションのメンバーは黒い服を身にまとい、身体にタトゥーを入れる習慣があるのだ。

さらには、五角形に配置された5つのファクションのマークが、この世界での均衡を表す。だが、ポスターの二人はどこか物憂げな表情。そう、トリスは、この世界では出現してはならない禁断の存在、“異端者=ダイバージェント”なのだ。一体、ダイバージェントとは何者なのか?人類はなぜダイバージェントを恐れるのか?ダイバージェントの出現に呼応するかのように巨大な影が動き始めた時、全てが明かされ、世界は再び戦火に包まれる…。

また、『ダイバージェント』公式サイトでは、前代未聞の大型立ち読み企画が行われている。原作本「ダイバージェント 異端者」のうち、全体の12%にも及ぶ50ページ以上分をなんと無料で立ち読みすることができる。

『ダイバージェント』
出演:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、レイ・スティーブンソン、ゾーイ・クラヴィッツ、マイルス・テラー、トニー・ゴールドウィン、マギーQ、ケイト・ウィンスレット
監督:ニール・バーガー
原作:ベロニカ・ロス「ダイバージェント」(角川書店刊)    
配給:KADOKAWA
公式サイト:http://www.divergent.jp/

2014年7月全国ロードショー
2014年3月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ダイバージェント』
2014年7月11日(金)よりTOHOシネマズ有楽座他全国ロードショー
公式サイト:http://www.divergent.jp/