ニュース&レポート

「僕は何度でも生まれ変わる!」映画『僕のワンダフル・ライフ』感動予告編到着

僕のワンダフル・ライフ

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作『僕のワンダフル・ライフ』(9/29公開)より、涙なくしては観られない!感動の本予告編映像が解禁された。
「僕は何度でも生まれ変わる!」映画『僕のワンダフル・ライフ』感動予告編到着

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督最新作にして、ドッグシリーズの集大成『僕のワンダフル・ライフ』。本作は、作家W・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人のために書いた小説を基に、最愛の飼い主に会いたい一心で生まれ変わりを繰り返す愛犬を描いた“犬と人間の極上のラブストーリー”。

ゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーの姿から始まる本映像。全ての始まりは、自分に“ベイリー”という名前をつけたイーサン少年。イーサンを愛し、イーサンに愛されることが何よりの喜びであり、ずっとイーサンの側にいたいと願ったベイリー。しかし、それは叶わぬ願いだった…。

そして、ベイリーはもう一度イーサンに会うために何度も生まれ変わる!ようやく3度目でイーサンとの再会を果たすベイリーだが、一方のイーサンは彼がベイリーだとわかるのか…?「この世界に君がいて僕がいる。ただ今を一緒に生きる!」そんなベイリーのけなげな姿に心奪われ、犬と人間だからこそ築くことのできる“絆”とベイリーが注ぐ“無償の愛”に涙なくしては観られない映像に仕上がっている。

独創的なスタイルと実績から、満場一致で本作の依頼を受けたというラッセ・ハルストム監督は本作について「この映画を撮るにあたって、ルールとして決めたのは、犬はカメラ目線で喋らないということ。この作品のおかげで、僕は生まれ変わりという考えにすっかり引き込まれてしまった。でも、実際に生まれ変わる可能性があるかどうかなんて誰にもわからない。要はこの世界で起こっている、理屈で説明のつかない魔法のような出来事に対してオープンでいようということだ」とコメントを寄せている。

2017年7月21日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『僕のワンダフル・ライフ』
2017年9月29日(金)TOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー
公式サイト:http://boku-wonderful.jp/