ニュース&レポート

映画『グラン・ブルー』素潜りダイバーのモデル、ジャック・マイヨールのドキュメンタリー映画公開

ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
映画『グラン・ブルー』で知られる伝説の素潜りダイバー、ジャック・マイヨールの波瀾万丈の生涯を追ったドキュメンタリー映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』が、2019年11月29日(金)より公開されることが決まった。
映画『グラン・ブルー』素潜りダイバーのモデル、ジャック・マイヨールのドキュメンタリー映画公開『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』

1988年に公開されたリュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』は、“素潜り”の世界記録に命懸けで挑む青年が主人公の海洋アドベンチャー。この主人公のモデルこそフランス人フリーダイバーのジャック・マイヨールだった。

彼は、上海在住の幼少期に、何度か佐賀・唐津を訪問。そこで海女の素潜りを見たことが将来へとつながる。成長した彼は世界を放浪、フロリダでイルカに出会い運命が決定付けられる。素潜りを極めるべく、インドでヨガに出会い、日本の禅寺で精神を鍛え、ついに1976年、49歳の時に人類史上初めて水深100mに達する偉業を達成。それは“人間を超越した感覚”を経験した瞬間だった。その後『グラン・ブルー』の公開で脚光を浴びるが、晩年うつ病になり自ら生涯を閉じる。

本作は、関係者のインタビューから紐解くジャック・マイヨールの栄光と孤独、波瀾万丈の生涯を追ったドキュメンタリー。ナレーションは『グラン・ブルー』で主人公を演じたジャン=マルク・バール。

劇中ではマイヨール本人の映像が随所に登場。家族や、写真家ら彼と交流のあった人たち、彼に影響を受けた現役のトップ・ダイバーらが証言する。そこから見えてくる知られざる素顔や、人生に落とした影、日本との強い絆を通して、彼が生涯をもって人々に伝えたかったことを“深く”探っていく。

本作は、WOWOWとギリシャ、フランス、カナダなどのプロダクションや放送局による共同制作で、第30回東京国際映画祭で特別上映、VRによるスピンオフ作品も併映し大きな話題を呼んだ。

『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』
監督:レフトリス・ハリートス
出演:ジャック・マイヨール、ジャン=マルク・バール、ドッティ・マイヨール、ジャン=ジャック・マイヨール、成田均、高砂淳二、ウィリアム・トゥルブリッジほか
ナレーション:ジャン=マルク・バール
(2017年/ギリシャ、フランス、日本、カナダ/78分/カラー、モノクロ)
(C) 2017 ANEMON PRODUCTIONS/LES FILMS DU BALIBARI/GREEK FILM CENTRE/IMPLEO INC./STORYLINE
ENTERTAINMENT/WOWOW
製作・提供:WOWOW 配給・宣伝:アップリンク
写真:Mayol family archive/Daniele Padovan/Daan Verhoeven/Junji Takasago/Mehgan Heaney-Grier/Bruno Rizzato
公式 HP:https://www.uplink.co.jp/dolphinman

2019年11月29日(金)新宿ピカデリー、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
2019年9月12日