ニュース&レポート

赤い鉄扇と凜々しい福士蒼汰!『曇天に笑う』ウルトラティザーチラシビジュアルが解禁

曇天に笑う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
累計120万部を誇る大ヒットコミックシリーズを、福士蒼汰主演で実写映画化する『曇天に笑う』のウルトラティザーチラシビジュアルが解禁された。
赤い鉄扇と凜々しい福士蒼汰!『曇天に笑う』ウルトラティザーチラシビジュアルが解禁
原作は、2011年のコミック連載開始からその魅力的なキャラクターたちに10代、20代の女子を中心に熱狂的なファンがつき、2014年にアニメ化、そして2015年からは舞台化と、様々なメディアで人気を博す大ヒットシリーズ「曇天に笑う」。

主演は、本作で時代劇映画に初主演を果たし、体当たりでアクションシーンにも挑戦する福士蒼汰。そしてメガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズをはじめとする日本映画界きってのヒットメーカー、本広克行監督。

舞台は明治初頭、滋賀県大津。物語の中心となるのは、滋賀県大津の平和を守ることを生業とする曇天(どんてん)三兄弟。豪快で明るく、強く、やさしい長男・曇天火(くもうてんか)を、福士蒼汰。次男・空丸役を、中山優馬、三男・宙太郎役を、若山耀人が担う。 この三兄弟を軸に、これまでに、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹らの豪華イケメンキャスト陣の共演が発表され、原作ファンからも期待が寄せられている。

今回解禁されたチラシビジュアルでは、大津の平和と弟たちを守るために戦う主人公・曇天火の、男らしさとかっこよさを全面に押し出して表現されたもの。天火の武器となる赤い鉄扇からちらりとのぞく凛々しい表情と、和洋折衷の衣装が、映画の世界観を想像させ、期待感がより一層高まるビジュアルとなっている。

撮影は、6月21日にクランクイン、舞台となる滋賀県を始めとしたロケーションを経て2017年春に完成。公開は2018年2月を予定している。
2016年12月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『曇天に笑う』
2018年3月21日(水・祝)全国ロードショー
公式サイト:http://donten-movie.jp