ニュース&レポート

妻夫木聡、3DCG版『ドラえもん』で“青年のび太”役声優に!「やるからには全部のび太にならないと」

STAND BY ME ドラえもん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月8日(金)公開の3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』で、大人になった“青年のび太”の声優を妻夫木聡が務めることになった。
妻夫木聡、3DCG版『ドラえもん』で“青年のび太”役声優に!「やるからには全部のび太にならないと」

STAND BY ME ドラえもん』は、2014年、原作者藤子・F・不二雄生誕80周年を記念して製作された、「ドラえもん」史上初の試みとなる3DCG映画。原作の中でも名作と呼ばれる作品をベースに、ドラえもんとのび太の出会いから別れを、そしてしずかちゃんへ想いを寄せるのび太の奮闘を、『friends もののけ島のナキ』の名コンビ山崎貴&八木竜一監督が描き出す。

そんな本作で、CMでも“大人のび太”を演じている妻夫木聡が大人になったのび太の声(役名:青年のび太)を担当。CMでののび太が見事にはまり役の妻夫木だが、声の出演にたいしては「国民的マンガだけに踏み込んで良いのか?」と戸惑ったようだが、制作陣が何度もラブコールを送り、出演が決定した。

4月末日に都内スタジオで行われたアフレコでは、自前の眼鏡をかけて、ビジュアルからのび太になりきり、監督に何度も何度も言い回しやニュアンスなどを確認しながら、体を動かしながら熱心に作業を進めた妻夫木に、監督は「本当に声変わりしたのび太くんそのもの」と大絶賛。それまでの真剣な表情が緩み、「本当に緊張しました!」とにこやかに感想を述べた。

妻夫木聡 コメント


■アフレコを終えてみての感想
ドラえもんは国民的漫画なので、自分が声をやらせて頂いていいのかという葛藤がすごくありました。
のび太の声ですもん。越えちゃいけない壁があるような。
でも「どうしても僕でお願いしたい」と制作のみなさんから何度もオファーを頂いて、そこまで言って頂いたのでその言葉を信じてやらせて頂きました。

■3DCGの絵を見ていかがでしたか?
今までのものとまったく違いますね。見てさらに緊張しました。

■監督から、「のび太がのり移っている感じでしたよ?」と言われてみて
今日の洋服ものび太君っぽくしなきゃと思って。メガネも(最初)かけてなかったら、かけないとダメだなと思って。「やるからには全部のび太にならないと」、と思ってやらせてもらいました。

■ドラえもんとの思い出
子どものころからのび太世代のど真ん中で、当たり前のようにドラえもんってあったので、そのドラえもんに自分が関わるなんて恐れ多いです。本当に勉強になりました。

■好きなひみつ道具
アベコンベです。全てがアベコベになってしまうシュールな世界観が好きです。
原作漫画のエピソードって、けっこうブラックだったりしますよね。


妻夫木聡起用理由


CMで妻夫木さんの大人のび太はすっかりおなじみですが、最初に聞いたときは「あのかっこいい妻夫木さんがのび太役」とびっくりしました。CMを見て、全く違和感なくのび太になられているのを見てさらにびっくりしました。
今回映画の中に青年のび太が登場するということで試行錯誤してみましたが、やはり妻夫木さんの顔が浮かびました。そして妻夫木さんにお願いしたいと思い、オファーしました。ご本人も誰もが知っている『ドラえもん』でのび太の声をやる、ということで大変恐縮していましたが、何度目かのオファーで受けて頂くことになり、
監督も「声が変わりしたのび太そのもの」と絶賛するほどの素晴らしい出来上がりになりました。頼りなくて優柔不断だけど憎めない、人間味あふれるのび太になったと思います。
(シンエイ動画 プロデューサー梅澤道彦)
2014年7月1日
『STAND BY ME ドラえもん』
2014年8月8日(金)全国東宝系ロードショー
公式サイト:http://www.doraemon-3d.com