ニュース&レポート

13cmのマット・デイモンが人生の再出発!映画『ダウンサイズ』予告編が解禁

ダウンサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
マット・デイモン主演、人間を13cmに縮小し、人類を悩ます問題を解決するという奇想天外な設定が話題の映画『ダウンサイズ』(3/2公開)の予告編が解禁された。
13cmのマット・デイモンが人生の再出発!映画『ダウンサイズ』予告編が解禁

『オデッセイ』で、火星からの奇跡的な生還を果たしたマット・デイモンが、今度は13cmの手のひらサイズになり、より良い暮らしを求めてミニチュアの世界に飛び込んでいく男を演じる。共演には、マット演じるポールの妻役に『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグ。ポールを新しい世界へ誘う謎の男には名優クリストフ・ヴァルツ。そして本作でゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされたホン・チャウが物語を大きく動かす重要なキャラクターを熱演。さらに、『ファミリー・ツリー』を含む2度のアカデミー賞脚色賞受賞のアレクサンダー・ペイン監督がメガホンを取り、アカデミー賞常連の顔ぶれが揃った豪華な布陣が実現した。

この度解禁された本予告映像では、低収入で高ストレスの日々を送るマット・デイモン演じるポールが、<ダウンサイズ>された世界では、現在の貯金が82倍の14億円相当になると聞き、人生大逆転を賭けて、夫婦で<ダウンサイズ>に挑む。大豪邸に暮らす裕福な生活を夢見て、すべては順調のはずが…、怖気づいた妻オードリー(クリステン・ウィグ)が、先に13cmに縮小したポールを置いて、土壇場で逃げ出してしまうという予想外の事態に…。“大きな”離婚届にもサインさせられて、まさかの人生どん底へ。

だが、そんなアクシデントは、小さな世界で巻き起こる奇想天外な人生のスタートに過ぎなかった。13cmの体には小さな茂みもジャングルに、体ほどの大きさもあるトンボや蝶たち。巨大なバラのプレゼントに、電子タブレットの巨大な映画スクリーン、ボトルのウォッカだって飲み放題。最低最悪の絶望から一転、驚きに満ちた人生の再出発に、ポールの人生は大きく動き始める。はたして、小さくなったポールが見つける幸せの結末とは!?

マットは常識にとらわれないユニークな発想が詰め込まれたこの作品について「独創的で、これまでに見たこともないような話で、(普段暮らしている)この世界では得られないような生活を送ることができるんじゃないかと感じるんだ。地球にいいことをしながらね」とコメントを寄せている。

2018年1月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ダウンサイズ』
2018年3月2日(金) TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
公式サイト:http://downsize.jp/