ニュース&レポート

ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ共演『ドリームハウス』予告編が解禁

ドリームハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ共演、『マイ・レフトフット』のジム・シェリダン監督による“ヒューマンサイコスリラー”『ドリームハウス』(11/23公開)の予告編が解禁された。
ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ共演『ドリームハウス』予告編が解禁

家族との時間を大切にするため、会社を辞めて郊外の家に引越しをしたウィル。愛する妻リジーや子供たちと共に引越した新居は、かつて父親を除く家族全員が惨殺された家だった。最初は気にせず生活をしようとしていたウィルたちだったが、次第に家族を狙う不審な男が家の周りに現れたり、子供たちが幽霊のようなものを見始めたりと不可解な出来事が起こり始める…。

夢のマイホームと愛する家族を守る為、問題に立ち向かう主人公ウィルに、ダニエル・クレイグ。その美しい妻リジー役を、実生活でもダニエル・クレイグの妻であるレイチェル・ワイズが熱演。本作の競演が結婚のきっかけになったということも大きな話題に。そして謎の隣人役にはナオミ・ワッツなど豪華競演が実現。予告編では、新しい人生を始めるため越してきた家で起こる奇怪な出来事、隣人たちが告げる過去の忌まわしい事件、独自に調査を始めたウィルに忍び寄る違和感…、やがてウィルと家族の歯車が狂い出していく様子が描かれ、燃えさかる家と共に朽ちるその家は一層、謎を煽るイメージに仕上がっている。

本作のメガホンをとったのは、『マイ・レフトフット』『父の祈りを』など良質な人間ドラマを生み出してきたジム・シェリダン。3度のアカデミー賞監督賞ノミネートを誇るシェリダン監督が、自身初のサイコ・スリラーに挑戦し、ミステリアスなストーリー展開と、切なさあふれる家族愛を同時に描く。予告のラストでは「衝撃のラストに待ち受けるのは恐怖か、切なさの涙か?」という意味深なメッセージが残されているが、ぜひとも劇場でその結末を確かめてほしい。

予告編は、以下のページでご覧下さい。
■『ドリームハウス』作品情報
予告編ライブラリ
2012年10月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ドリームハウス』
2012年11月23日(金・祝)よりシネマサンシャイン池袋他にて全国ロードショー
公式サイト:http://dreamhouse-movie.com/