ニュース&レポート

伊坂幸太郎原作×三浦春馬&多部未華子『アイネクライネナハトムジーク』予告編&ポスター解禁

アイネクライネナハトムジーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
人気作家・伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集で、すでに51万部を売り上げるベストセラーを、三浦春馬主演で映画化した『アイネクライネナハトムジーク』の予告編と、ポスタービジュアルが解禁された。
三浦春馬&多部未華子『アイネクライネナハトムジーク』予告編&ポスター解禁
本作の始まりは、多くのファンを惹きつけてやまない大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎とミュージシャンとして絶大な支持を誇る斉藤和義の運命的な絆にある。伊坂にとって“初”にして“唯一”の恋愛小説集となる原作「アイネクライネナハトムジーク」は、かねてより斉藤ファンを公言していた伊坂が、斉藤からの作詞のオファーに「小説なら」と短編を書き下ろし、それに新曲で応えた斉藤に、再び伊坂が新作の短編を書くという夢のような交流から誕生した。

映画化にあたり、物語のキーとなる主題歌と劇中音楽を手がけたのはもちろん斉藤。出演者として彩るのは、人気実力派の三浦春馬、さらに多部未華子。三度目の共演となる二人の恋を軸に、豪華かつフレッシュな魅力きらめくキャスト陣が演じる、不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖を10年に渡り描く。メガホンを取るのは恋愛群像劇の旗手として今最も注目を集め、「映像化するなら彼しかいない」と伊坂がラブコールを送った新鋭監督・今泉力哉。脚本は伊坂原作に定評のある鈴木謙一が務める。

予告編は、3度目のカップル共演となる三浦春馬演じる佐藤と多部未華子演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、二人の出会いの様子が描かれる。佐藤の大学の同級生・織田一真(矢本悠馬)と由美(森絵梨佳)は結婚して子供も2人、幸せそうな家庭を築いている。一方で、由美の友人の美容師・美奈子(貫地谷しほり)は、電話の相手に「今のままがいいというか…」とつぶやき悩んでいる様子も。また、佐藤の会社の先輩であり、妻に逃げられた藤間(原田泰造)はショックを受けながらも妻との出会いを振り返り「彼女でよかった」と佐藤に伝える。

さらに、注目の若手俳優、恒松祐里と萩原利久演じる高校生たちも登場。爽やかな斉藤和義らしさ溢れる主題歌にのせて“それぞれの10年間”が巧みに絡み合い、佐藤と紗季の恋が何か動き出しそうな予感を感じさせる予告編となっている。


2019年5月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加