ニュース&レポート

トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥に!『終戦のエンペラー』メインビジュアルが解禁

終戦のエンペラー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
終戦直後の日本を舞台に、トミー・リー・ジョーンズがダグラス・マッカーサーを演じたサスペンス超大作『EMPEROR』。本作の邦題が『終戦のエンペラー』に決定し、メインビジュアルが公開された。
トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥に!『終戦のエンペラー』メインビジュアルが解禁

1945年8月30日、終戦直後の日本にマッカーサー元帥が上陸。マッカーサーは部下のボナー・フェラーズに、ある極秘調査を命じる。この戦争の真の意味での責任者は、いったい誰なのか──。それは、日本文化を研究し、日本に対して格別な想いを抱くフェラーズにしか為し得ない“特命”だった。調査期限は10日間。日本を救いたいと願うフェラーズ、そんな彼とは対立するGHQの一派、日本の未来を守ろうと暗躍する人々…。すべてを失った日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか。果たして、戦後日本の運命を決定づけた〈衝撃の真実〉とは──?

ハリウッドが壮大なスケールで描く、歴史サスペンス超大作『終戦のエンペラー』。本作でダグラス・マッカーサーを演じるのは、『メン・イン・ブラック』シリーズで知られるアカデミー賞俳優トミー・リー・ジョーンズ。公開されたメインビジュアルでは、トミー・リー・ジョーンズが腰に手をあて、サングラスにパイプをくわえたマッカーサーそのものの姿を披露している。

原作は、岡本嗣郎による著書「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」。フェラーズ准将には、人気海外ドラマシリーズ「LOST」のマシュー・フォックス。日本からは西田敏行、桃井かおり、中村雅俊ら、豪華日本人俳優陣が参加しており、『ノルウェイの森』の初音映莉子が、物語の鍵を握る女性に大抜擢された。監督は、『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー。製作には、 『SAYURI』『BABEL』『ラストサムライ』のキャスティングに携わった日本人女性プロデューサー・奈良橋陽子と俳優の野村祐人・親子が名を連ねている。

『終戦のエンペラー』
◆スタッフ
製作:奈良橋陽子、ゲイリー・フォスター、野村祐人、ラス・クラスノフ
監督:ピーター・ウェーバー(『真珠の耳飾りの少女』)
原作:「陛下をお救いなさいまし」岡本嗣郎(集英社)
原題:EMPEROR
脚本:デビッド・クラス、ヴェラ・ブラシ

◆キャスト 
ボナー・フェラーズ:マシュー・フォックス(「LOST」米テレビシリーズ)
ダグラス・マッカーサー:トミー・リー・ジョーンズ(『英雄の条件』『MIB』シリーズ)
あや:初音映莉子(『ノルウェイの森』)
鹿島(あやの伯父):西田敏行

公式サイト:http://www.emperor-movie.jp/
(C) Fellers Film LLC 2012 ALLRIGHTS RESERVED
2013年夏 全国ロードショー
2013年1月18日
『終戦のエンペラー』
2013年7月27日(土)より、全国公開
公式サイト:http://www.emperor-movie.jp/