ニュース&レポート

阪本順治監督×オダギリジョー主演『エルネスト』公開が10月6日に決定 第一弾ポスター解禁

エルネスト

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
阪本順治監督×オダギリジョー主演、キューバの革命家チェ・ゲバラの部隊に帯同した実在の日系人、フレディ・前村を主人公に描いた『エルネスト』の公開が10月6日(金)に決定し、第一弾ポスタービジュアルが解禁された。
今年没後50年を迎えるキューバ革命戦士“エルネスト・チェ・ゲバラ”。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているチェ・ゲバラは、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでチェ・ゲバラと共に行動し、彼からファーストネームである“エルネスト”を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

本作は、革命家エルネスト・チェ・ゲバラの部隊に帯同し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ・前村・ウルタードの知られざる生涯を描いたドラマ。

監督は『亡国のイージス』『北のカナリアたち』など、数多くの作品を世に送り続ける阪本順治監督。長編映画で、実在する人物を題材にするのは初めてとなる。阪本監督とは3度目のコンビとなるオダギリジョーが主演を務める。

解禁された第一弾ポスターは、チェ・ゲバラと同じようなベレー帽を被り、革命に身を投じていく戦士・フレディ前村を演じたオダギリジョーが強い眼差しを向け、背景には、本作でチェ・ゲバラを演じたキューバ人俳優で写真家でもあるホワン・ミゲル・バレロ・アコスタが、憂いのある表情を浮かべている。キューバ革命をはじめ、彼らが成し遂げようとした未来へ向けた熱い意志が伝わるものとなっている。
2017年5月12日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加