ニュース&レポート

夢枕獏「神々の山嶺」映画化!主要キャストに岡田准一、阿部寛、尾野真千子

エヴェレスト 神々の山嶺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
夢枕獏の人気小説を映画化、2016年に公開予定の『エヴェレスト 神々の山嶺』の主要キャストが発表され、岡田准一、阿部寛、尾野真千子が初共演することがわかった。約4か月かけて行われる撮影では、エヴェレストの高度6,000M付近での撮影にも挑む。
夢枕獏「神々の山嶺」映画化!主要キャストに岡田准一、阿部寛、尾野真千子

原作「神々の山嶺」は、世界最高峰の山に魅せられた2人の男と、その男たちを待つ1人の女性、彼らの交錯する人生を軸に、厳しい山嶺に命を懸けて挑む人々の姿と強い想いを壮大なスケールで描いた感動作。これまでにも映像化が熱望されながら、そのスケールの大きさゆえ実現しなかった「山岳小説の最高峰」と言われ、現在までに全世界で100万部を突破するベストセラーとなっている。

カトマンズであるカメラを見つけたことで、伝説のクライマー羽生と出会い、次第に自らも人生を賭けてエヴェレストに挑むこととなる山岳カメラマン深町誠には、昨年「軍師官兵衛」でNHK大河ドラマ初主演を飾り、映画では『永遠の0』『蜩ノ記』の演技で、本年度日本アカデミー賞優秀主演男優賞及び優秀助演男優賞、さらには話題賞俳優部門も含めトリプル受賞。名実ともに日本を代表する俳優となった岡田准一。そのストイックなまでの役作りで厳しい山岳ロケに挑む。

天才的な才能を持ちながらも、その独善的な生き方で孤立し、消息を絶ったままとなっていた伝説のクライマー、羽生丈二には、『ふしぎな岬の物語』『柘榴坂の仇討』で同じく本年度日本アカデミー賞優秀主演男優賞と優秀助演男優賞のW受賞、その硬軟織り交ぜた演技で大活躍中の阿部寛。

羽生を慕っていた兄を雪山で失い、その人生を狂わされながらも、彼を愛しその帰りを待ち続けている女性、岸涼子に、NHK朝の連続テレビ小説や数々の映画に出演、昨年度日本アカデミー賞で優秀主演女優賞並びに優秀助演女優賞を獲得するなど、その卓越した演技力で、映画・テレビに関わらずオファーが絶えない尾野真千子。

まさに、現在の日本映画界において欠かすことのできない演技派俳優3名が、映画化不可能と謳われた超大作で火花を散らす。監督には、モントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞、日本アカデミー賞最優秀監督賞など数多くの賞を受賞した『愛を乞うひと』を始めとする数多くの名作・話題作を世に送り出してきた平山秀幸。脚本は『クライマーズ・ハイ』や『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞している加藤正人。

山岳アドバイザーとして本作に帯同するのは、日本山岳協会副会長の八木原圀明。現地ネパールでは、第72回米アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた映画『キャラバン』で主演を務めたシェルパの長老ティンレー・ロンドゥップの出演が決定するなど、まさにキャスト・スタッフ共に日本映画史上最困難の撮影を可能にする一線級が集結する。

すでに撮影準備は始まっており、3月よりネパール他、実際にエヴェレスト現地にて撮影を開始予定。全体で約4か月の撮影期間の中で、各キャストも通称エヴェレスト街道を高度順応しながら10日間かけて登り、高度6,000M付近での撮影を行う予定だ。

岡田准一  コメント

原作の「神々の山嶺」は大好きな作品で、実際のエヴェレストでも撮影できるということを今から楽しみにしています。
平山監督をはじめとするスタッフの皆様、初めて共演させていただく阿部さん、尾野さん、キャストの皆様ともに過酷な撮影を楽しみ、しっかり体験していきたいと思います。

阿部寛 コメント

映像化が難しいと言われている原作の映画化。
実際に高所での撮影を敢行し、できる限りリアルを追及するこの作品に参加できてうれしい。
岡田さん、尾野さんとの初共演も楽しみに、撮影に臨みたいと思います。

尾野真千子 コメント

エヴェレストでの撮影きっと大変だと思います。
でも、あの山に登る意味がある作品にしたいです。
なぜ登るのか‥‥自分自身にも問いかけながらこの作品に臨もうと思います。
阿部さんや岡田さんとの初共演になりますが、エヴェレストで迷惑かけないように日本でのトレーニング頑張ります!

平山秀幸監督 コメント

今回、壮大な原作を映像化するにあたって、想像を絶する限界ギリギリの撮影現場が待っています。そこでは、「芝居」や「思い込み」等と言うような事は通用しません。参加していただくこの3人の俳優さんのまるごとがフィルムに焼きつけられる事になります。その「事」が楽しみでもあり、反面恐ろしくもあります。

夢枕獏(原作) コメント

なんということであろうか。この物語が、現実に映画化される日が来ようとは。
現実にヒマラヤの高所まで、カメラを持ち込み、俳優も監督、スタッフも、全員が行くことなしには考えられない映画である。それが実現するのである。
ここまで待ってよかった。凄い映画になると思う。

製作代表 角川歴彦(株式会社 KADOKAWA 取締役会長)

「エヴェレスト 神々の山嶺」製作にあたり
心が打ち震えた。愚直に、狂おしく、切なく、ただひたすらに世界最高峰の頂を求める姿をどうにか映画にしたいと思った。
全ての人が心の中に持つそれぞれの頂を心に刻み、願い、求め、進んで行ける。
そんな機会になればと思っている。

宇宙に一番近い地上、「エヴェレスト」で繰り広げられる二人の孤独な戦いは必ずや観客の方々の心を揺さぶり映画の感動を確かなものにするだろう。

そして日本映画界を担う最高のスタッフと俳優が肉体、精神をかけてこの作品に挑む姿を
しっかり見届けてもらいたい。


『エヴェレスト 神々の山嶺』
出演:岡田准一、阿部寛、尾野真千子 ほか
監督:平山秀幸  脚本:加藤正人  
原作:夢枕獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫)
製作:『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
配給:東宝、アスミック・エース 
(C) 2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会 
公式サイト:http://everest-movie.jp/


2016年 全国ロードショー!
2015年2月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『エヴェレスト 神々の山嶺』
2016年3月12日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://everest-movie.jp