ニュース&レポート

3D映画史上初の18禁ホラー『ファイナル・デッドブリッジ』恐怖の予告編が解禁!

ファイナル・デッドブリッジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2000年に全米で公開されるや否や大ヒットを放ち、たちまちシリーズ化となった『ファイナル・デスティネーション』。本シリーズの第5弾となる最新作『ファイナル・デッドブリッジ』(10/1公開)の予告編が到着した。
3D映画史上初の18禁ホラー『ファイナル・デッドブリッジ』恐怖の予告編が解禁!

ファイナル・デスティネーション』シリーズは、死の運命から逃れられない男女の顛末を描いたショッキングホラーシリーズ。第5弾の『ファイナル・デッドブリッジ』では、タイトルの通り、巨大吊り橋の崩落事故から生き残りながらも、予測不可能な≪死のトラップ≫に見舞われていく8人の男女の姿を描いている。

本作は、<シリーズ最大級のスケール><主人公達の生き残るためのルールの登場>と銘打ち、全てがパワーアップした究極のパニック×ホラーエンターテインメントとして誕生。前作『ファイナル・デッドサーキット』を超えるド迫力の3D映像で、3D映画史上初の18禁に認定され、超疑似体験可能なアトラクション・ムービーへと成長をとげた。

予告編では、シリーズの定番である予知夢からはじまり、事故を逃れた男女に襲いかかる≪死のトラップ≫──ガラス貼りのビルからの落下、工事現場での事故、平均台の上のビス…などなどが映し出され、シリーズのファンには嬉しい“謎の男”が登場し、「生き残るためのルール」を伝授するシーンも。果たして彼らは、この過酷なルールを行使し、死の運命から逃れることができるのか──?

「怖すぎて凝視することができなかった」との声も高い、衝撃の予告編は以下のページでご覧下さい。
■『ファイナル・デッドブリッジ』作品情報
予告編ライブラリ
2011年8月10日
『ファイナル・デッドブリッジ』
2011年10月1日(土)、シネマート新宿、梅田ブルク7 他3D/2Dロードショー
公式サイト:http://www.finaldeadbridge.jp