ニュース&レポート

伝説のレースで絶対王者に挑んだ男たちの“挑戦の実話”『フォードvsフェラーリ』予告編が解禁

フォードvsフェラーリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
マット・デイモンとクリスチャン・ベイル、アカデミー俳優二人が初共演で主演をつとめる映画『フォードvsフェラーリ』の公開が2020年1月10日(金)に決定し、最新予告編が解禁された。
伝説のレースで絶対王者に挑んだ男たちの“挑戦の実話”『フォードvsフェラーリ』予告編が解禁
ル・マンでの勝利という、フォード・モーター社の使命を受けたカー・エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)。常勝チームのフェラーリに勝つためには、フェラーリを超える新しい車の開発、優秀なドライバーが必要だった。彼は、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。限られた資金・時間の中、シェルビーとマイルズは、力を合わせて立ちはだかる数々の乗り越え、いよいよ1966年のル・マン24時間耐久レースで長年絶対王者として君臨しているエンツォ・フェラーリ率いるフェラーリ社に挑戦することになる。

本作は、1966年の伝説のレース“ル・マン24時間耐久レース”で絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた挑戦の実話。

解禁された予告編では、出会い頭に殴り合ったりと独特のコミュニケーションを見せ相性最悪に見えるシェルビー(デイモン)とマイルズ(ベイル)の2人が、絶対王者フェラーリに立ち向かうべく、周囲の反対を押し切り不可能を覆していく姿が映し出される。

5年連続ル・マンを制覇したフェラーリ社の社長は「フォードは車も工場も醜い」と会社を見下すだけでなく、フォード社社長の体型までもバカにする始末。そんなレーシングカー業界の巨人を相手に、コンピューターに頼らないアナログなスピードテストをするシェルビーや、昼夜問わずにハンドルを握るマイルズの男臭い愚直な姿。そして映像後半にあるラフプレーを恐れない死と隣り合わせの激しい迫力満点なカー・レースシーンにも注目だ。

2019年10月3日
『フォードvsフェラーリ』
2020年1月10日 全国ロードショー