ニュース&レポート

中条あやみ・志尊淳・磯村勇斗・杉野遥亮による覆面バンド“イノハリ”がメジャーデビュー!楽曲はMAN WITH A MISSIONが担当

覆面系ノイズ

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「花とゆめ」連載の人気コミックを中条あやみ主演で実写映画化した『覆面系ノイズ』。本作の劇中に登場する謎の覆面バンド「in NO hurry to shout;」(略称:イノハリ)が、Sony Music Recordsよりメジャー・デビューすることが決定。映画の主題歌となる「Close to me」の作詞作曲をMAN WITH A MISSIONが担当する。
中条あやみ・志尊淳・磯村勇斗・杉野遥亮による覆面バンド“イノハリ”がメジャーデビュー!楽曲はMAN WITH A MISSIONが担当

映画『覆面系ノイズ』は、「花とゆめ」連載中でコミックス累計発行部数が170万部超えの大人気コミックの実写化作品。登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ラブストーリー。全編を彩る音楽も作品の大きな魅力のひとつで、バンドのボーカル役となる中条が本編で披露する歌にも大きな注目が集まっている。

劇中から現実世界に飛び出した「in NO hurry to shout;(イノハリ)」は、高校生である正体を隠すため、眼帯と包帯を利用した覆面姿で活動する謎のバンド。紅一点のボーカル”ニノ”(中条あやみ)の切なく、透き通ったまるでガラスみたいな歌声で「片恋ソング」をエモーショナルに歌う姿が印象的なロックバンドである。バンドのギタリストである"ユズ”(志尊淳)が紡ぐ繊細でメロディアスなギタープレイ、バランサーとしてバンドを支え、見た目からは想像できない激しいドラミングが印象的なドラムの”クロ”(磯村勇斗)、そしてバンドのリーダーとしてイノハリの土台を支える兄貴分的存在のベースの”ハルヨシ”(杉野遥亮)、彼らの粗削りだが魅せるプレイにも是非注目して欲しい。

また、新人としては異例だが、映画の主題歌となるメジャー・デビュー曲「Close to me」は、ティーンに限らず幅広い世代に絶大な人気を誇り、世界からも注目を集める究極の生命体5匹から成るオオカミバンドMAN WITH A MISSIONが作詞作曲を担当。なおMAN WITH A MISSIONは、本作のエンディングテーマを担当している。

解禁されたイノハリのアーティスト写真では、バンドのキービジュアルである「眼帯」「包帯」をテーマにしたセットでアーティスト写真を撮影。後日公開となるMUSIC VIDEOと合わせて24時間を超える過酷な撮影スケジュールを敢行したという。

【中条あやみ コメント】

メジャーデビューすると聞いた時は自分自身が歌を出す日が来ると思っていなかったので、とても驚き、不安な気持ちになったりもしましたが、ボイストレーニングでしっかりとレッスンして頂いたので歌う事が好きになりイノハリとして出ることで 日に日に楽しみになって行きました。
『Close to me』は劇中の最後のライブシーンで演奏している曲という事やMAN WITH A MISSIONさんが この映画の為に書き下ろして頂いたバラード調のメロディーも歌詞も ニノのように儚さのなかに強さがある曲なので 歌っていると自然とその世界に入れる魔法のような曲だと思いました。
作品は全てゼロのところから作り上げるものですが、劇中の曲も いろんな方々の想い、愛、パワーで出来ていて それを自分の声で歌うことは大きな責任があるのですごく緊張しましたが沢山の方々に支えてもらいながら 最高の状態でレコーディングが出来ました。
メンバーそれぞれ、レコーディングや楽器の練習をしていたのですが、改めてイノハリの皆でアーティストとしてMV撮影をするのは恥ずかしさもありましたが、セットを目の前にして、カッコいい世界観の中で試行錯誤しながら撮影させて頂きました。
是非ともたくさんの方に見て聴いて頂きたいです!
2017年9月1日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加