ニュース&レポート

オダギリジョー『舟を編む』で辞書編集部の“チャラ男”西岡正志役に!

舟を編む

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2013年4月13日に公開を予定している三浦しをん原作の映画化作品『舟を編む』。松田龍平と宮崎あおいが共演する本作に、オダギリジョーの出演が決定。オダギリは、松田演じる主人公の同僚で、ともに辞書の編集に携わる“チャラ男”、西岡正志役を演じる。
オダギリジョー『舟を編む』で辞書編集部の“チャラ男”西岡正志役に!

映画『舟を編む』は、2012年の本屋大賞で第1位に輝き、現在50万部を突破した三浦しをんのベストセラーを映画化。とある出版社の辞書編集部を舞台に、23万語におよぶ言葉の海に奮闘する変人編集部員・馬締光也とその同僚たちの姿、そして、馬締が下宿の孫娘・林香具矢に初めて感じたある思いをなんとか“言葉”にし、伝えようとするもどかしくも微笑ましいやりとりを描いていく。主人公の馬締光也に、『まほろ駅前多田便利軒』『探偵はBARにいる』の松田龍平。彼が一目惚れしてしまう下宿の大家の孫娘・板前見習いの林香具矢に、『わが母の記』『天地明察』の宮崎あおい。監督は、2010年『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞監督賞を受賞、国内外から注目を集める若き俊英石井裕也が務める。

オダギリジョーが演じるのは、主人公・馬締の同僚で、ともに辞書の編集に携わる西岡正志(にしおかまさし)役。辞書編集部のイメージとは程遠い“チャラ男”で、辞書編集部に配属になったことに違和感を感じつつも、辞書編集部の仲間たちと新辞書づくりに取り組む。彼らが編集する「大渡海」は、俗語や若者言葉など新しい現代語も積極的に掲載する新しい辞書。西岡は「ダサい」などの現代語の生きた語釈で力を発揮し、次第に辞書作りに愛情を持ちはじめていく。

同作のプロデューサーは、「西島は調子の良い男だが、キーになる役。オダギリさんは、重みも軽さも持ち合わせる、最上級の俳優。物語の中で自分の魅力を全うしつつ、周りをひきたてることができる人で、本来的な意味でうまい役者だと感じている」とコメント。このオファーを受けてオダギリは「台本を読ませて頂いた時に“古き良き日本映画”の雰囲気を感じ、率直に良い本だなと感じました。西岡は、「かすかな笑い」「静かな笑い」を担う役どころで、いろいろな演じ方が出来る幅のある役だと思いますが、石井監督と相談しながら作っていっています」と意気込みを語っている。
2012年8月20日
『舟を編む』
2013年4月13日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://fune-amu.com