ニュース&レポート

大戦当時の戦車を使用した迫力のアクション!『フューリー』予告編が解禁

フューリー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
ブラッド・ピット主演。第二次世界大戦下ヨーロッパ戦線を舞台に、たった一台の戦車でドイツ大軍を相手に戦い抜いた5人の兵士たちの絆を描いた映画『フューリー』のポスタービジュアル&本予告編が解禁された。
本物の戦車を使用した迫力のアクション!『フューリー』予告編が解禁
1945年ヨーロッパ戦線。過酷な戦場を経験してきた戦車部隊の指揮官ウォーダディ(ブラッド・ピット)のもとに、戦闘経験のない新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が配属。【激しい怒り】を意味する"フューリー"と名付けられたシャーマン戦車に集まった5人のアメリカ兵士の闘いがはじまる。

予告編では、野原で繰り広げられる戦車同士の激しい砲撃戦を切り抜けたフューリー部隊に、ある地点を死守せよとの命令が下される。行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜けた“フューリー”の乗員5人は、やがて一両の戦車で敵の精鋭部隊300人を迎え撃つことに…。無謀ともいえるミッションに立ち向かおうとする5人の絆の深さと、恐怖や悲しみと戦いながらも隊長として最後まであきらめずに指揮を執るウォーダディの姿に、胸が熱くなる映像となっている。

主演のブラッド・ピットが脚本に惚れ込み、製作総指揮もつとめている本作。監督は、元軍人という異色の経歴を持つデヴィッド・エアー。1945年当時の米・シャーマン戦車に加え、世界に現存する7台のうち唯一走行可能な独・ティーガー戦車による撮影を映画史上初めて実現するなど、徹底リアリティを追求する。

ブラッド・ピットと共に戦車に乗り込むキャストには、『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフが冷静な砲手役で新境地を見せる。ローガン・ラーマンは、戦争未経験ながらチームの一員として奮闘する重要な役。『アウト・オブ・ウォッチ』でデヴィッド・エアー監督との現場を経験しているマイケル・ペーニャが操縦手を演じ、巨躯でムードメーカーとなる装塡(そうてん)手役にはジョン・バーンサルという個性派が揃った。


2014年9月25日
『フューリー』
2014年11月28日(金)TOHOシネマズ日劇他全国超拡大ロードショー
公式サイト:http://fury-movie.jp