ニュース&レポート

佐々木蔵之介&永作博美、実在の闘病ブログを映画化『夫婦フーフー日記』でW主演

夫婦フーフー日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
佐々木蔵之介と永作博美が、実在する闘病ブログから生まれた感動作『夫婦フーフー日記』でW主演を務めることがわかった。
佐々木蔵之介&永作博美、実在の闘病ブログを映画化『夫婦フーフー日記』でW主演

本作の原作は、闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(小学館刊)。「ダンナ」ことライターの清水浩司が、長年友人だった書店員の「ヨメ」と、出会って17年目にして結婚、1ヵ月後に妊娠発覚。その5ヵ月後にはヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活を送っていく。そんなドラマのような夫婦の、493日の日々の記録は、川崎フーフの名でアメーバブログに投稿されると、闘病ブログとして人気を博し、2011年に書籍化。さらには、2012年3月にNHK BSプレミアムにて、ドキュメンタリードラマ『ヨメとダンナの493日 〜おもろい夫婦の「がんフーフー日記」〜』として放映。夫婦の実話に日本中があたたかい涙に包まれた。

多方面で話題となった原作を映画化するにあたり、<死んだはずのヨメと残されたダンナが、夫婦の軌跡を振り返る>という大胆な設定を加えることで、ブログには書かれなかった夫婦の想い、そして家族の愛を浮き立たせ、笑って泣ける、かつてないストーリーを作りあげる。

主人公の“ダンナ”を演じる佐々木は、「ただ単に悲しんでいたり苦しんでいたりする話ではなく、昔の自分たち、過去の自分たちを現在の自分たちがちょっとツッコミながら、ちょっと引き離した視点で見ているのも、救われているのかなぁと思いました」と語り、最愛の人の死に直面するも、突然目の前に現れた“死んだはずのヨメ”と共に、夫婦で過ごしてきた日々を振り返り、徐々にヨメの死を受け入れていくさまを、コミカルかつ繊細に演じる。すでに撮影は終えており、「撮影も怒濤で本当に苦しかったけれど、笑いの絶えない現場でした。絶望も苦しみも悲しみもあるけど、希望に満ちている。そんな夫婦と家族の話、ぜひ劇場で観てほしいです」とコメント。

一方の永作は、結婚・妊娠と幸せの絶頂で悪性腫瘍が発覚するも、最期まで明るく力強く生きぬく“生前のヨメ”と、ダンナの前に突如現れる“死んだはずのヨメ”の2つの姿を演じ分ける。「初めて読ませてもらった時点でとても新鮮な作品に感じました。是非演らせてほしいと。しかし始まってみたらやはり、一筋縄にはゆかず毎日のように難易度の高さを感じつつも、ライトな痛快観も忘れるわけにはゆかず、結構悩み、走り抜いた感じです。でも、きっと今までに無い新しい作品になったと感じています」とコメントを寄せてくれた。

『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』に続き、本作が劇場公開3作品目となる前田弘二監督は、「蔵之介さんと永作さんが演じてくださったダンナとヨメ、最高に魅力的で、僕のイメージしていたものを大きく超えました。最高に素敵な映画になりますよ」と自信を見せている。

『夫婦フーフー日記』
主演:佐々木蔵之介/永作博美
出演:佐藤仁美、高橋周平/並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、吉本選江、宇野祥平、小市慢太郎、杉本哲太
原作:川崎フーフ「がんフーフー日記」(小学館刊)
監督:前田弘二
脚本:林民夫・前田弘二
配給:ショウゲート
(C) 2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会
公式サイト:fu-fu-nikki.com
2015年初夏、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
2014年6月5日
『夫婦フーフー日記』
2015年5月30日(土)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー
公式サイト:http://fu-fu-nikki.com