ニュース&レポート

『アンブレイカブル』のその後 ブルース・ウィリス×サミュエル・L・ジャクソン『ミスター・ガラス』日本版ポスター

ミスター・ガラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『シックス・センス』で世界に衝撃を与えたM.ナイト・シャマラン監督が、全米を騒然とさせた『アンブレイカブル』のその後を描く、衝撃のサスペンス・スリラー『ミスター・ガラス』(原題:GLASS)の日本版ポスターが解禁された。
フィラデルフィアのある施設に、3人の特殊な能力を持つ男が集められた。彼らの共通点はひとつ──自分が人間を超える存在だと信じていること。精神科医のステイプルは、すべて彼らの妄想であることを証明しようとする。だがそれは、決して足を踏み入れてはならない“禁断の研究”だった。“スーパーヒーロー”は実在するのか?最後に明らかになる驚くべき<真実>とは?

今回解禁されたポスターは、椅子に座る顔の見えない3人の男たちが足元から、ダン、ミスター・ガラス、ケヴィンの全身が影のように長く伸びた意味深なデザイン。前作『アンブレイカブル』で、決して傷つくことのない強靭な身体の持ち主で、自身の“スーパーヒーロー”としての能力に目覚めたダン(ブルース・ウィリス)と、非凡なIQと生まれつき骨折しやすいガラスのような肉体を持つミスター・ガラス(サミュエル・L. ジャクソン)、そして彼らに挟まれるような形でセンターに立つのは、24番目の人格“ビースト”を覚醒させた多重人格者ケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)。ポスターに登場しているのは、まさに“ビースト”の姿をしたケヴィンなのだ。果たして、3人の関係とは?彼らをめぐる“禁断の研究”とは・・・?

シャマラン監督と言えば、『シックス・センス』『アンブレイカブル』など、エンディングの“大どんでん返し”が知られているが、本作もまたエンディングに衝撃の仕掛けがあるそうで、監督自身「(観客は)エンディングを気に入ってくれると思う。楽しみにして欲しい」と、意味ありげに示唆し、シャマランワールド全開ぶりに大きな期待がかかる。本作の構想は、『アンブレイカブル』制作時からあったそうで、18年間「彼ら(ミスター・ガラスとダン)があの後どうなったか?を考えていた」のだという。

鬼才M.ナイト・シャマランが仕掛ける『アンブレイカブル』の”その後”を描いた、サスペンス・スリラー最新作『ミスター・ガラス』は2019年1月18日(金)より公開。

2018年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ミスター・ガラス』
2019年1月18日(金)より、全国ロードショー
公式サイト:http://Movies.co.jp/mr-glass