ニュース&レポート

異色グルメ漫画を映画化『極道めし』公開が9月23日に決定&ポスタービジュアル解禁

極道めし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「漫画アクション」に連載中の、土山しげる原作の人気漫画を実写映画化した『極道めし』の公開が、9月23日に決定。獄中ポスタービジュアルが完成した。
異色グルメ漫画を映画化『極道めし』公開が9月23日に決定&ポスタービジュアル解禁

とある刑務所。傷害罪で入所した栗原健太(永岡佑)、通称“新入り”が刑務所の地味な食事に落胆していると、その様子を見た同じ監房の4人が、新入りの分の食事を平らげてしまう。そんな刑務所の食事の中でも特別なのが、年に一度しかない正月のおせち料理。この監房では、おせち料理をかけて思い出の味を語るバトルをするのが恒例だった。まずは、相田(落合モトキ)が母の味を語りはじめ……。

『極道めし』
「喰いしん坊!」などで知られる土山しげる原作の異色グルメ漫画を実写映画化した『極道めし』。本作は、刑務所を舞台に、はぐれ者たちがシャバの料理の思い出話に花を咲かせ、“おせち料理”をかけての“めし自慢バトル”を繰り広げる、とびきりグルメで泣ける刑務所ヒューマン・コメディー。メガホンをとるのは、『ブタがいた教室』『猿ロックTHE MOVIE』などを代表作に持つ前田哲監督。またエンディング・ソングには、坂本九の名曲をトータス松本がカバーした、「上を向いて歩こう」が使用されている。

解禁されたポスターは、獄中の男たちが「インスタントラーメン」や「オムカレボナーラ」「黄金のご飯」など、それぞれ思い出の料理を思い浮かべ、至福の表情を見せているもの。劇中で語られる、ありそうでないユニークなB級グルメや、ひとひねりある“日本の味”は、今この場で食べることができないからこそ旨さは増すばかりで、生唾を呑むこと必至。

極道めし』は、9月23日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
2011年6月22日
『極道めし』
2011年9月23日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト:http://gokumeshi-movie.com