ニュース&レポート

リース・ウィザースプーン最新作『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』本予告映像が解禁

グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
4月17日(金)に公開される、主演リース・ウィザ―スプーン、製作ロン・ハワード、監督フィリップ・ファラルドーとアカデミー賞のスタッフ&キャストが集結し、世界の裏側の驚くべき実話をベースにした感動の物語『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』の本予告編が解禁となった。
リース・ウィザースプーン最新作『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』本予告映像が解禁

1983年アフリカ大陸のスーダンで内戦が始まり、10万人以上の子供たちが両親の命と住む家を奪われた。十数年後、アメリカとスーダンが協力し、難民キャンプで育った3600人の若者たちを全米各地に移住させる計画を実施―。

突然、自由の国への切符を手渡された若者たちと、彼らを受け入れたアメリカ人たちとの間に、いったいどんなドラマが起きたのか──? “ロストボーイズ”と名付けられた彼らの実話をベースにした物語を、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』で、アカデミー賞始め、数々の栄えある賞を獲得したリース・ウィザースプーンが主演する。

カンザスシティーの職業紹介所で働くキャリーは、スーダンから到着したマメールと二人の仲間を空港まで迎えに行く。彼らは内戦で両親を亡くした、“ロストボーイズ”と呼ばれる難民たちだ。そつなく仕事をこなしてきたキャリーに与えられたのは、電話を見るのも初めての彼らを就職させるという、最難関のミッションだった。車に乗せれば一瞬で酔うし、牧場を見ると「猛獣はいますか?」と確認、マクドナルドもピザも知らない彼らに最初はイラつくキャリーだが、その成長を見守るうちに思いがけない友情が芽生えていく、というストーリー。

予告編では、空港に到着したスーダンの若者がカルチャーギャップに戸惑う様子やアメリカの生活に適応しようとする姿が描かれるほか、「誰と一発ヤレば移民局の偉い人に合える?」とタンカを切るキャリーなど、リース・ウィザースプーンのエネルギッシュな姿も観ることが出来る。

2015年2月13日
『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』
2015年4月17日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー