ニュース&レポート

イーライ・ロス監督の“食人族”映画『グリーン・インフェルノ』が11月日本上陸

グリーン・インフェルノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『キャビン・フィーバー』『ホステル』のイーライ・ロス監督が、“食人族”をテーマに描いた6年ぶりの監督作『グリーン・インフェルノ』の日本公開が、11月28日(土)に決定し、ポスタービジュアルと特報映像が解禁された。
イーライ・ロス監督の“食人族”映画『グリーン・インフェルノ』が11月日本上陸
環境保護を訴える活動をしている学生グループたちはアマゾンの森林伐採の不正を暴くために現地を訪れる。しかし、彼らの過激な活動は問題視され、強制送還されてしまう。不運にも帰路についた飛行機にエンジントラブルが発生。あえなく彼らの乗った飛行機は、熱帯雨林に墜落してしまう。生き残った学生たちは助けを求めるのだが、そこにいたのは人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。捕らわれた彼らは一人、また一人と喰われていく―。

1981年に全世界をトラウマの渦に巻き込んだルッジェロ・デオダート監督によるホラー映画の金字塔『食人族』。映画『グリーン・インフェルノ』は、その伝説的な作品をモチーフにした、残酷無慈悲な食人エンターテインメント。

監督は、『キャビン・フィーバー』で鮮烈な監督デビューを果たし、容赦なき描写で観客を圧倒した『ホステル』でホラー界のカリスマとなったイーライ・ロス。

近年は製作・出演に精力的で、クエンティン・タランティーノ監督『イングロリアス・バスターズ』をはじめ、『ピラニア3D』、さらには『アフターショック』では主演として出演。『ラスト・エクソシズム』『アイアン・フィスト』『クラウン』などの製作を手掛けてきたイーライ・ロス。監督としては『ホステル2』以来、実に6年ぶりにメガホンをとった待望の作品となる。主演は、イーライ・ロスの実妻でもある女優ロレンツァ・イッツォ、そしてミュージシャンとしても活躍するスカイ・フェレイラも出演している。

到着したポスタービジュアルは、アマゾンの森林地帯に人間の頭蓋骨を突き刺した槍をもつ全身を赤く塗られた食人族が物欲しそうにじっとこちらを見つめており、「ここには人を喰らう人間がいるー。」というコピーがあしらわれている。さらにイーライ・ロス初監督作品『キャビン・フィーバー』の本国ビジュアルにオマージュを捧げ、森全体を見ると頭蓋骨になっているという不気味な構図にも注目だ。

特報映像も衝撃的で、ロレンツァ・イッツォ演じる主人公ジャスティンが目を覚ますとそこは何者かが漕ぐカヌーの中。後方では赤く塗りたくられた部族の人間が黙々と船を漕いでいる。恐怖におののいたジャスティンが手首を縛られたツタを噛み切ろうとしたとき、顔面を黄色に塗り鼻に骨でできた装飾をしたおぞましい部族のリーダーらしき男が「バイヤー」と意味不明な一言を発する。本編の1シーンを切り取った生々しい特報のラストには、食人族の群集が押し寄せ、圧倒的な恐怖を残す作りになっている。



『グリーン・インフェルノ』
監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス、ギレルモ・アドエド
出演:ロレンツァ・イッツォ、アリエル・レビ、アーロン・バーンズ、カービー・ブリス・ブラントン、スカイ・フェレイラほか
配給:ポニーキャニオン
(c)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

2015年11月28日(土)新宿武蔵野館ほか全国公開
2015年8月21日
『グリーン・インフェルノ』
2015年11月28日(土)新宿武蔵野館ほか全国公開
公式サイト:p://green-inferno.jp/