ニュース&レポート

野村萬斎×市川猿之助×中井貴一×佐々木蔵之介×佐藤浩市 トップスター競演『花戦さ』特報映像解禁

花戦さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する 痛快エンターテインメント映画『花戦さ』(2017/6/3公開)の特報映像が解禁された。
野村萬斎×市川猿之助×中井貴一×佐々木蔵之介×佐藤浩市 トップスター競演『花戦さ』特報映像解禁

映画『花戦さ』は、千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語。物語の舞台は16世紀後半の戦国時代。織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げよ うとしていた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではなく、命ある花の美しさだった──。

この度公開された特報は、「わしゃ、勝つつもりでいるけどな、この戦さ。」と自信たっぷりに主人公の花僧・池坊専好(野村萬斎)が語るシーンから始まる。その戦さの相手はなんと、豊臣秀吉(市川猿之助)。当時の秀吉は謁見することすら叶わない、天下人。その秀吉に対し、打ち首になる可能性を恐れず立ち向かい、驕り高ぶる彼に、「ギャフン!」と言わせたけったいな男、それが池坊専好である。

彼に秀吉は吠えるが、織田信長(中井貴一)は褒め、前田利家(佐々木蔵之介)が案じ、千利休(佐藤浩市)が慕う、という。そんな摩訶不思議な男の奇想天外な戦いとは?刃(やいば)ではなく「花」を手に、専好にしか成しえない「戦さ」とは?

さらに、専好にいきなりお経を唱えられ驚くヒロインの天才絵師・れん(森川葵)、専好の幼馴染の町衆・吉右衛門(高橋克実)の姿も見られる。それぞれのキャラクターの生き生きとした表情からもうかがえる痛快な展開を楽しみに待ちたい。特報のナレーションは、専好の兄弟子・専伯(せんぱく)役を演じた山内圭哉が担当。山内と言えば、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』(15~16年)で両替屋加野屋の大番頭を演じ、お茶の間の注目を集めたことが記憶に新しい。

本作の脚本は、「JIN-仁-」「ごちそうさん」「天皇の料理番」など、数々の笑って泣ける名作ドラマを生み、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手掛ける、森下佳子。監督は、情感あふれる作品づくりに定評があり、藤沢周平原作の「山桜」や「小川の辺」など、時代劇でもその手腕をみせた篠原哲雄。音楽は、スタジオジブリ作品、北野武作品などを中心に、日本の映画音楽界を牽引する巨匠、久石譲。また題字を、力強いタッチで世界的にファンを広げる金澤翔子が、そして劇中絵画を、その作品が大英博物館に所蔵展示された小松美羽が担当。日本を代表する若き女性アーティストたちが、作品に彩りを添える。

2016年11月25日
『花戦さ』
2017年6月3日(土)全国公開
公式サイト:http://www.hanaikusa.jp/