ニュース&レポート

今回も“不快”な映画!?ミヒャエル・ハネケ監督最新作『ハッピーエンド』2018年3月公開決定

ハッピーエンド

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
『白いリボン』『愛、アムール』のミヒャエル・ハネケ監督最新作『HAPPY END』の邦題が『ハッピーエンド』となり、2018年3月3日(土)より公開されることが決まった。
今回も“不快”な映画!?ミヒャエル・ハネケ監督最新作『ハッピーエンド』2018年3月公開決定

ローラン家は建設会社を経営し、大きな邸宅に暮らしている。両親の離婚のため離れて暮らしていた孫娘のエヴは、父親トマと一緒に暮らすため、祖父ジョルジュたちの住むフランス北部のカレーに呼び寄せられるが──。

名匠ハネケ監督の最新作は、難民が多く暮らすフランス北部の町 カレーを舞台に、不倫や裏切りなどそれぞれに秘密をかかえながら暮らす、壊れていく現代の家族の物語。第85回アカデミー賞外国映画賞を受賞した『愛、アムール』では父と娘を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが、本作でも、ある裕福な家族の父と娘を演じ、『アメリ』のマチュー・カソヴィッツなど、フランスを代表する俳優たちが集結する。

第70回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門に出品され、「純粋な社会病質を描いたブラック・コメディ。赤裸々で見事で容赦がない」(ガーディアン/イギリス)、「厄介で、捉えどころがない。そして素晴らしい」(フィナンシャル・タイムズ)、「名匠ハネケは今も健在だ」(ペースト・マガジン)、「ヨーロッパの現状を映しだす道徳劇」(タイムアウト)など、様々な映画評が紙面を賑わせた。


これまで2回のパルムドールを始め、アカデミー賞外国語映画賞、セザール賞、英国アカデミー賞など、ありとあらゆる名誉ある映画賞を受賞してきたハネケだが、その一方で、過激な描写や、人間の愚かさや醜さを克明に描くことから、新作を発表する度に称賛の声と共に非難も浴びている。ハネケ作品を“善し”と捉えるのか、それとも“悪し”と捉えるのか。ハネケの新作は常に物議を醸してきた。

本作についてハネケは、「私の映画はすべてエモーショナルだ。ある意味、私はいつも同じような映画を作っている。映画監督とはそういうものじゃないか?だが、少しでも前より良いものを作っていきたいと願っている。とにかく、今回は“良い”映画を作ろう、とは思わなかった。“不快”な映画を作るときだ、とね。」と語る。

常に賛否がくっきりと分かれる問題作を世に送り出し、その圧倒的な“映画力”で観客を唸らせてきた巨匠の最新作。“ハッピーエンド”というタイトルの本作のラストを観客はどう捉えるのか。公開は、2018年3月3日(土)、角川シネマ有楽町ほか全国にて。

『ハッピーエンド』
脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ『愛、アムール』『白いリボン』『ピアニスト』
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、マチュー・カソヴィッツ、トビー・ジョーンズ、ファンティーヌ・アルドゥアン
2017年/フランス、ドイツ、オーストリア/仏語/1時間47分/アメリカンビスタ/カラー
原題:HAPPY END/日本語字幕:寺尾次郎
提供:KADOKAWA、ロングライド 配給:ロングライド
(C) 2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH – WEGA FILM – ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK – ARTE - ORF Tous droits réservés
公式サイト:longride.jp/happyend/

2018年3月3日(土)、角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
2017年12月5日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加