ニュース&レポート

『キャプテンハーロック』荒牧伸志監督に聞く【前編】「キャラたちの演技力が不安でした」

キャプテンハーロック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
総製作費3,000万ドル、世界70か国以上で配給決定、空前の3DCGクオリティーとスケールでBD&DVDセールスが好調な映画『キャプテンハーロック』。その荒牧伸志監督が同作の脚色・脚本を担当した福井晴敏との共同作業について、今だからこそ明かす秘話を語った。
『キャプテンハーロック』荒牧伸志監督に聞く【前編】「キャラたちの演技力が不安でした」

「最初に僕が監督で話をいただいて、脚本を誰に? という時に、福井さんの名前がすぐ出ました」という。『亡国のイージス』(99)、『終戦のローレライ』(02)、福井の作品を見れば、他に適任はいない。「“戦う船”という意味でも福井さんだねってことになって、すぐに連絡を。最初大まかに相談をして、出てきたプロットがほぼ完成形に近かったですね」

とりわけこだわった点はハーロック像をはじめ、キャラクターたちの造詣だった。しかも造型の先を見越した“演技力”までも福井は視野に入れ、脚本を書いたという。「キャラクター造型をリアルにすることはもちろんですが、どう演技させるかが重要でしたね。実はリアルに作ることは意外に難しくなくて、それに説得力を持たせることのほうが大変で」

「福井さんは、“彼らは”どこまで演技できますか?って、追求が厳しかった(笑)」と思い返す荒牧監督。リアルな造形な分、高い表現力が必要だった。「このセリフを言っている映像がイメージできないって、すごく心配していましたよ。でも、確かに僕も心配で(笑)。でも、なんとかしますので、って説得して、書いていただくことをお願いしました」

『キャプテンハーロック』発売中
完全初回限定生産 特別装飾版Blu-ray ¥9,800(本体)+税 3枚組
通常版Blu-ray(2D) ¥5,800(本体)+税
通常版DVD(2D) ¥4,800(本体)+税

※レンタル版同時リリース
発売元・販売元:ポニーキャニオン

(C) LEIJIMATSUMOTO / CAPTAIN HARLOCK Film Partners
http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52290/
2014年3月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『キャプテンハーロック』
2013年9月7日(土)全国ロードショー!!
公式サイト:http://harlock-movie.com