ニュース&レポート

クエンティン・タランティーノ「自身最高傑作」と自負『ヘイトフル・エイト』予告編到着

ヘイトフル・エイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
来年2月27日(土)公開のクエンティン・タランティーノ最新作『ヘイトフル・エイト』の予告編が解禁された。
クエンティン・タランティーノ「自身最高傑作」と自負『ヘイトフル・エイト』予告編到着

クエンティン・タランティーノ監督の長編第8作は、初の密室ミステリー。舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。そこで再び、予想を超えた出来事が…。

オープニングから気を緩めることのできない、すべての会話と視線、何気ない身振りに仕掛けられた巧妙かつ緻密な伏線。タランティーノ印のブラックな笑いと過剰なアクション満載の、かつてない謎解きを見破ることはできるのか?!

ヘイトフル(憎しみに満ちた)なクセ者8人を演じる役者でタランティーノ作品初参加となるのは、紅一点のジェニファー・ジェイソン・リーとデミアン・ビチルの2人のみ。他の6人はタランティーノ作品には欠かせない、タランティーノ組の常連スター達が勢ぞろい。常に強烈な印象を観客に与えるサミュエル・L・ジャクソンをはじめ、カート・ラッセル、ウォルトン・ゴギンス、ジェームス・パークス、ゾーイ・ベルが、それぞれに危険で、憎しみに満ちた役柄を演じる。

ロッキー山脈の手つかずの雄大な自然が広がるコロラド州テルユライドに舞台となるロッジを建てたという本作。まさに雪が降る中撮影が行われ、ロサンゼルスのスタジオ内にはテルユライドの空気がそのまま再現されたという。その温度はなんとマイナス2度。これは、タランティーノ監督の意向だといい、映像に映るキャストたちの白い息は本物だとか。

そんなタランティーノ監督のこだわりが詰まった“密室ミステリー“は、先日発表されたゴールデン・グローブ賞で、堂々の3部門(脚本賞、助演女優賞、作曲賞)ノミネート。タランティーノ監督は、英紙へのインタビューで「自身最高傑作」と語っている。

2015年12月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ヘイトフル・エイト』
2016年2月27日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://gaga.ne.jp/hateful8/