ニュース&レポート

フィンランド発のメタルコメディ映画『ヘヴィ・トリップ/ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』12月27日公開決定

ヘヴィ・トリップ/ 俺たち崖っぷち北欧メタル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
フィンランド映画史上最大規模の巨費を投じ製作されたコメディ映画『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』が、12月27日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて劇場公開されることが決定した。
フィンランド発のメタルコメディ映画『ヘヴィ・トリップ/ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』12月27日公開決定

フィンランド北部、何もない田舎の村。退屈な日々を送る25歳のトゥロは、“終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル”というジャンルを標榜する、4人組ヘヴィ・メタルバンドのボーカルだ。バンドは結成から12年間、一度もステージに立つことなく、一曲もオリジナル楽曲を作ったこともなく、単なるコピーバンドだ。だがある日、遂に自分たちの曲を作るという強い意志のもと、メンバーの試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生した。また同時にひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェスの主催者がメンバーの家を訪れ、バンドに千載一遇のチャンスが舞い降りるが…。

フィンランドは人口10万人あたり53.2のメタルバンドが存在し、人口比率で世界で最も多くのメタルバンドがいるメタル超大国。総人口が約550万人といわれ、計算すると約3,000のメタルバンドが活動していることになる。

そんなフィンランドで、同国映画史上最大規模の巨費を投入して制作されたコメディ映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は、バンド結成以来一度もライヴ経験なく、一曲もオリジナルを作ったことのないコピーバンド“インペイルド・レクタム"(Impaled Rektum ※直訳すると直腸陥没)が、遂にオリジナル曲を完成させ、ノルウェーの巨大フェスに参加するためフィヨルドを驀進する姿を描く。

フィンランド発のメタルコメディ映画『ヘヴィ・トリップ/ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』12月27日公開決定
本作品で長編デビューした監督のユーソ・ラーティオとユッカ・ヴィドゥグレンは、この映画を制作した理由を2つ挙げている。「1つは金持ちや有名人になる見込みも薄く女性にもモテないバンドマンたちの物語を作りたかった。現代の音楽業界で彼らのようなブレないバンドこそが芸術で最後の砦と呼べる。2つ目はフィンランドにない腹がよじれるほど大爆笑できる映画を作りたかった」と語っている。

本作はSXSW2018でワールドプレミア上映され高評価のレヴューを獲得後、数多くの映画祭に出品。映画批評サイト<ロッテン・トマト>のTOMATOMETERでも93%(2019年9月現在)の高評価を維持し続けている。音楽を担当しているのは、フィンランドを代表するヘヴィ・メタルバンド、ストラトヴァリウスでも活躍するラウリ・ポラー。

『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』
プロデューサー:カイ・ヌールドベリ、カールレ・アホ
監督:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン
脚本:ユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレン、アレクシ・プラネン、ヤリ・ランタラ
主演:ヨハンネス・ホロパイネン、ミンカ・クーストネン、ヴィッレ・ティーホネン、マックス・オヴァスカ、マッティ・シュルヤ、ルーン・タムティ 他
原題:Hevi reissue / Heavy Trip|2018年|フィンランド+ノルウェー|言語:フィンランド語、ノルウェー語、英語
92分|カラー|シネマスコープ(2.35 : 1)|5.1ch|DCP|映倫審査前
(C) Making Movies, Filmcamp, Umedia, Mutant Koala Pictures 2018
提供:キングレコード+スペースシャワーネットワーク
配給:SPACE SHOWER FILMS
公式HP heavy-trip-movie.com

12月27日(金)よりシネマート新宿&心斎橋ほかにてロードショー!
2019年9月20日