ニュース&レポート

映画『日々ロック』バンドメンバーに岡本啓佑(黒猫チェルシー)&前野朋哉、共演に落合モトキ、The SALOVERSも出演

日々ロック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2010年から週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優原作のロックコミックを映画化した青春ロック・エンターテイメント『日々ロック』が無事クランクアップを迎え、豪華出演陣の詳細が明らかに。主人公が結成するバンドのメンバーに前野朋哉と「黒猫チェルシー」の岡本啓佑、ライバルバンド役で落合モトキのほか、蛭子能収、The SALOVERSのメンバーらが出演していることがわかった。
映画『日々ロック』バンドメンバーに岡本啓佑(黒猫チェルシー)&前野朋哉、共演に落合モトキ、The SALOVERSも出演

今年4月11日にクランクインした本作は、都内および近郊での撮影を経て、すでに5月3日に無事クランクアップ。クライマックスでは、ほとんど全ての出演者が、最大風速27mの暴風と総量69tの大雨に打たれながら演奏するという、ロック映画の歴史を塗り変えるシーンを、昼夜通して2日間に渡り撮影した。

本作には、主人公・日々沼拓郎役に野村周平、ヒロインの宇田川咲役に二階堂ふみが出演していることが発表されているが、この2人のほかに、ロック愛に溢れる異色キャストが出演している事が明らかとなった。

まずは、拓郎が結成したバンド『ザ・ロックンロールブラザーズ』のメンバー、お調子者でベースの草壁まもる役に前野朋哉、ライバルバンド『ザ・ランゴリアーズ』のチャラいイケメンボーカル・新庄役に落合モトキ、拓郎たちが働く伝説のライブハウス・モンスターGOGOの鬼のように怖い店長・松本猛役に竹中直人、冷徹な音楽プロデューサー・風間泉役には毬谷友子、超アングラバンド『犬レイプ』のメンバーの象徴さん役は蛭子能収、モンスターGOGOの美人店員・町田町子役に喜多陽子ら個性派俳優が集結。

さらには、ロック映画にふさわしく、数多くのミュージシャンが初演技を披露。『ザ・ロックンロールブラザーズ』のドラムの依田明役は「黒猫チェルシー」の岡本啓佑が最高にクールに、『犬レイプ』のメンバーは、犬飼佑一郎役をThe SALOVERSのボーカル・古舘佑太郎が演じているほか、メンバー全員(藤川雄太、小林亮太、藤井清也)がパワフルに、そして『ザ・ランゴリアーズ』はビジュアル系バンド・ミサルカが妖しく演じ、爆音・爆笑・爆涙のロックエンターテイメントを盛り上げる。

〇配役
□野村周平/日々沼拓郎(ひびぬま・たくろう)/ザ・ロックンロールブラザーズ・ギターボーカル
□二階堂ふみ/宇田川咲(うたがわ・さき)/ 世界基準のトップアイドル
□前野朋哉/草壁まもる(くさかべ・まもる)/ザ・ロックンロールブラザーズ・ベース 
□岡本啓佑/依田明(よだ・あきら)/ザ・ロックンロールブラザーズ・ドラム
□落合モトキ/新庄(しんじょう)/ザ・ランゴリアーズ・ボーカル
□古舘佑太郎/犬飼佑一郎(いぬかい・ゆういちろう)/犬レイプ・ギターボーカル
□喜多陽子/町田町子(まちだ・まちこ)/モンスターGOGO・店員
□毬谷友子/風間泉(かざま・いずみ)/宇田川咲の音楽プロデューサー
□蛭子能収/象徴さん(しょうちょうさん)/犬レイプ・メンバー
□竹中直人/松本猛(まつもと・たけし)/モンスターGOGO・店長


原作:「日々ロック」(榎屋克優・集英社「週刊ヤングジャンプ」連載中)
監督:入江悠(『SRサイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
制作・配給:松竹
(C) 榎屋克優/集英社 (C) 2014「日々ロック」製作委員会

2014年秋・全国ロードショー
2014年5月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日々ロック』
2014年11月22日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hibirock.jp/