ニュース&レポート

二階堂ふみ、映画『日々ロック』で酒好き&破天荒なトップアイドルに!

日々ロック

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
週刊ヤングジャンプで連載、榎屋克優原作のロックコミックの映画化作品『日々ロック』に、二階堂ふみの出演が決定。破天荒なトップアイドル・宇田川咲を演じ、本格的な歌唱シーンに挑む。
二階堂ふみ、映画『日々ロック』で酒好き&破天荒なトップアイドルに!

勉強もスポーツもできない、彼女はもちろんいない、学校ではいじめられっ子…という究極のダメ男・日々沼拓郎。いつもサエない拓郎だが、大好きなロックを演奏しているときだけはパワフルになることができる。友人の誘いでバンド“ロックンロール・ブラザーズ”を結成した拓郎は、卒業後、上京して伝説のライブハウスで住み込みで働きながらライブ活動を始める。そんなある日、ロックンロールブラザーズのライブ中に、1人の酔った女が客席から飛び入り。彼女の名前は宇田川咲。斬新なスタイルで世界的な評価を得ているトップアイドルだ。マイクを奪い、アイドルとは思えない凄みで熱唱する咲に圧倒される拓郎たち。偶然から出会った売れないロッカーとトップアイドル。この出会いが二人の運命を大きく変えていく事になる…。

2010年から週刊ヤングジャンプで連載が始まった榎屋克優原作の究極のロックコミック「日々ロック」を、『SR サイタマノラッパー』シリーズでインディーズ映画界の話題をさらった入江悠監督が、青春ロック・エンターテイメントムービーとして映画化。

主人公の日々沼拓郎を演じるのは、2014年ブレイク必至の野村周平。2010年にドラマデビューして以来、続々と話題作に出演し、今年は本作以外にも2本の主演作品が公開予定という、まさに今一番勢いのある若手俳優の一人。迫力のライブシーンでは、まさに体を張って、“全裸”での演技に挑む。

そして、主人公・拓郎の運命を変えていくことになる存在、トップアイドル・宇田川咲を演じるのは、二階堂ふみ。第64回ヴェネツィア国際映画祭で日本人として初めて最優秀新人賞を受賞し、園子温監督、三池崇史監督、中島哲也監督など有名監督作品への出演が相次ぐ彼女が、アイドルでありながら実は相当な酒好きという破天荒なキャラクターで、本格的な歌唱シーンにも挑む。

まもなく開始される撮影では、日本ロック界を代表する伝説のバンド・RCサクセションの「雨あがりの夜空に」を二階堂が熱唱するほか、1000人規模の観客役エキストラを動員したライブシーンも撮影される(エキストラ募集は、映画公式サイトにて募集中)。また、劇中で宇田川咲が歌う曲は、某有名アーティストが楽曲提供をしており、こちらは後日発表予定だ。

二階堂ふみ コメント

コードのDが相変わらずベンベンいってしまいます。が、ロックな入江組に参加出来ることを幸せに感じています。よろしくお願いします。

入江悠(監督)コメント

数年前、はじめて二階堂ふみさんと会ったとき、セックス・ピストルズとかヴィターリー・カネフスキー監督とか、この子ほんとに16才か!と思うようなことを話したのを覚えています。また一緒に映画を作れるのが心底嬉しいッス。

榎屋克優(原作)コメント

日本でも数少ないパンクな女優さん、破天荒でキュートなオーラが咲ちゃんぴったり。 すごい楽しみです。

石塚慶生(プロデューサー)コメント

「マドンナを尊敬している。でも私は、第二のマドンナにはなりたくない」と言いきったレディー・ガガ。そんなレディー・ガガのような表現欲と生命力を持った宇田川咲を、数々の作品で僕らの常識をぶち壊してくれた二階堂さんに演じていただきたいと思ってオファーしました。新たなロックのミューズ、降臨です!!


『日々ロック』
原作:「日々ロック」(榎屋克優・集英社「週刊ヤングジャンプ」連載/既刊5巻)
監督・脚本:入江悠 (『SRサイタマノラッパー』、『ジョーカー・ゲーム』)
共同脚本:吹原幸太 (劇団ポップンマッシュルームチキン野郎・主宰。「オトメン(CX系)」、「超絶☆絶叫ランド(TBS系)」、「ガッ活!(NHK)」)
制作・配給:松竹
出演:野村周平 二階堂ふみ 他豪華キャスト
(C) 榎屋克優/集英社


2014年秋 全国ロードショー
2014年4月3日
『日々ロック』
2014年11月22日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://hibirock.jp/